2015年7月26(日)NO.22 『 合同CS教師会 玉野教会に出掛けて来たよーの巻き  』(ミニ写真館付)

この日、合同CS教師会のひとこまです。泰さんと玉野教会の山本博之牧師です。たこ焼きを焼いたので、泰さんはTシャツ姿。
この日、合同CS教師会のひとこまです。泰さんと玉野教会の山本博之牧師です。たこ焼きを焼いたので、泰さんはTシャツ姿。

旭東教会は日本基督教団の岡山県東部地区の一員です。

 

なんだかすごーく、漢字が多いですが(笑)

 

東部地区の、いわゆる教会学校関連の分かち合いをしよう!ということで、スタッフ5名とたこ焼き要員1名、合計6名で、小一時間の自動車のドライブを経て、玉野市にある玉野教会に出掛けて来ました。

 

 

**************

 

7月26日(日)の午後4時からということでしたので、2時半過ぎに旭東教会を出発。

 

玉野教会に向かう車の中で、「玉野ってどういう町なんですかー?」なんてことをお話したりしました。

 

へぇーっと思ったのは、玉野は、瀬戸内海沿岸岡山県唯一の貿易港の役割を果たしていることでした。

 

そして、もちろん、瀬戸大橋の誕生以前は、四国の高松市へ宇高連絡船が出ていた町でもあります。

 

**************

 

さてさて、よその教会を訪ねること。

 

これは、とーっても刺激になります。すべてが新鮮です。

 

町の景色もそうですが、建物も、看板も、週報棚も、礼拝堂の中も、お台所も、照明も、牧師先生のことも。

 

特に一般の信徒さんにとっては、こうした遠征!は、わたし(牧師のもりでございます)の想像をはるかに超えて、有意義だったのではと思います。

 

**************

 

合同CS教師会。

 

旭東教会のスタッフは、近況報告の際、何かが上手に出来ている、ということより、「○○を頑張っているけれど、なかなか、うまく出来ません」というようなことをお話ししよう、と相談しておりましたし、伝えてくれました。

 

それでも、旭東教会のシンボルカラーである緑色のTシャツを揃って着込んだ姿を見た、岡山教会、玉野教会の方たち。

 

旭東教会は、すごく元気だなぁ!と感じて下さったようです。

 

**************

 

普段の教会でのリーダー会では、目の前の行事をどんな風にすればいいか、ということで精一杯の私たちです。

 

でも、この日は、他教会の方たちからの、様々なこぼれ話に大いに目も心も開かれました。

 

もしかすると、旭東教会のJC・ジュニアサークルを大きく飛躍させるきっかけになるかも、というような、良き知らせに触れることが出来たかも知れません。

 

来年3月21日(月)の春分の日には、東部地区の合同CS大会的なものを、旭東教会から車で10分の神崎緑地で行おう!ということも決定。

 

これからが楽しみです。

 

**************

 

現在の旭東教会。

 

子どもたちが溢れる程たくさん居る教会ではありません。

 

でも、限られた一人ひとりの魂のために、Tシャツを揃えてまで奮闘している様子に、たとえば、玉野教会のめぐみさん、「すごく励まされました」と最後にお話して下さいました。

 

そういうひと言に触れて、我々も、力を頂いたのであります。

 

また、岡山教会に派遣されている、同志社大学神学部の3年生、高塚神学生も同席しておられて、地方の教会の交流の一端に触れられたことでも、お役に立てて幸せでした。

 

**************

 

先週の、ミニサマーフェスティバルの時にも行った“たこ焼き"

 

玉野教会でもふるまうことになりました。

 

会議終了後の午後6時過ぎから、旭東教会のJCスタッフたちが焼いたたこ焼きは大好評でした。

 

たこ焼き君、皆さんの心を大いに和ませ、交わりを深める時を演出してくれました。あっ、フランクフルトもありましたよー!

 

**************

 

もしも、たこ焼きを焼くことも、たこ焼きをハフハフしながら頬張ることもない合同CS教師会だったら・・・・。

 

たぶん、なんだか全く別の空気をもって帰って来たような気が致します。

 

たこ焼き君、いやいや、「たこ焼き様」の持っているポテンシャル畏るべし!とすら感じ始めているこの頃です。

 

**************

 

午後8時過ぎ、旭東教会に到着。

 

我が家では、「もう、きょうは、夕飯はたこ焼きでおしまい」ということになりましたが(他のスタッフも同じかな?)、お腹以上に、こころが満たされているのを感じたのは、わたしだけではないと思うのであります。

 

神さまに感謝 end