2015年6月6日(土)NO.14 『 たこ焼きパーティー  in  JCサタデー  』(ミニ写真館付)

2015年6月6日(土)のジュニアサークルサタデーで行ったたこ焼きパーティーです。子どもも大人も笑顔になるたこ焼きには不思議な力があります。
2015年6月6日(土)のジュニアサークルサタデーで行ったたこ焼きパーティーです。子どもも大人も笑顔になるたこ焼きには不思議な力があります。

5月31日(日)の夕方。もう一週間前のことです。

 

健(たけし)さんと直子さん、そして、美樹さんとわたくし(牧師のもりでございます)の二組の夫婦。

 

とある特訓を集会室でいたしておりました。

 

その日は、礼拝が終わってから、初夏の《大そうじ》をということで、会堂や集会室のワックス掛け、さらには、お台所のお片付け、そしてそして、外回りの整備。

 

もう一つ、暖房器具をしまうために入れ替わりで倉庫から扇風機を取り出して・・・・・・という時間を持ちました。

 

平均年齢○7歳の旭東教会でありますから、さすがに、疲れなんてこれっぽっちもはありません、ということはなかったのです。

 

疲労の色はさすがに隠せず、という状態でありました。

 

**************

 

しかーし。

 

健さんと直子さん、そして、美樹さんとわたくしの4名。

 

いつしかその疲れを忘れて、この日のブログの下にありますミニ写真館のTOPの写真(これだけ特訓の時の写真です!)にありますように、笑顔を取り戻し、気分壮快となっていたのです。

 

ということで、その特訓とは。

 

そうです。タイトルにもありますが、《たこ焼き》であります!

 

**************

 

わたくし、新潟県のとある教会が開拓伝道をし、いつしか礼拝出席40名を超えるようになって、子どもたちと共に成長する教会をさらに深めていこう、としている様子を伝え聞いていた頃がございました。

 

その時にしばしば耳にしていたのが、たこ焼きパーティー!だったのです。

 

いつか、いつか、いつかきっと我が旭東教会でもたこ焼きを、という悲願を達成すべく(いえいえ決してふざけた気持ちはございません)、時が満ちる日を待ち続けていたのです(かなり過剰な表現ですが)。

 

**************

 

やって来ました、ジュニアサークル・サタデーのたこ焼きパーティー。もちろん、礼拝もたのしく守りましたよ。その証拠写真も下におさめております。

 

それはさておき、前日夜から、旭東教会特製の仕込みをいたしまして、朝がくるのを待ったのであります。

 

果たして旭東教会特製ってなーに?

 

おそらくこんなに上等な出汁をつかってたこ焼きの粉をまざて作るたこ焼きは存在しないのでは、と言うほど上等の《利尻昆布のだし》を丁寧にとって惜しみなくお粉さんをまぜまぜしたのでした。

 

わたくしの前任地稚内は利尻昆布の名産地。のみならず、教会をあげて、利尻昆布バザーに取り組んで来た本場です。

 

**************

 

電気で役なんて生ぬるい。

 

というわけで、この道何十年かは存じませんが、ガスコンロの老舗イワタニさんの伝統ある器具を準備。

 

アチアチに熱せられたたこ焼き器に、彼らは容赦なく注入されたのでした。

 

ご覧下さいこのたこ焼きの美味しそうなこと。

 

たこ焼きを焼いていて面白く無さそうにしている人を見つけたら、ここに連れてこーい!と申し上げたくなるほど、みんなでたのしく熱中です。

 

**************

 

セコいことは申しあげたくありませんが、たこ焼きも今ではお高いものになってきたと伝え聞いております。

 

少なくともコインが一枚必要。もちろんアルミのコインではございません。銅貨でもない。シルバーは正解。

 

そう、小さめではなく、だいぶ大きめのコイン。そう、500円のたこ焼きなんていうのは、決して珍しくないご時世です。

わたしが子どもの頃のお祭りで、ひと串10円だった、レトロ昭和の40年頃とはわけが違うのであります。

 

**************

 

傍観者でいたり冷静で居続けることは、たこ焼きパーティーでは絶対にできない。それを確信する一時間でした。

 

礼拝もそうであるべきだ、と誰かが言ったような気もいたします。

 

とにかく、まずはたこ焼きでこころなごみ、同じ釜の飯を食うのではなく、同じ鉄板のたこ焼きを食う、旭東教会ジュニアサークル!

 

おそらくこれは、根強い人気を獲得し、定番になりそうな気配濃厚と感じております。もちろん、流しそうめんとか、お好み焼きや、何でも鍋なんて楽しそうですが。

 

**************

 

情報が届いています。

 

この朝開眼してしまった、み言葉こそわが道のひかりと深く強く信じております健さんと直子さん、安佐子さん、そして、美樹さんとわたくし5名は、これに飽き足らず、明日、6月7日(日)の礼拝後にも、たこ焼きを敢行いたします。

と言うわけで、子どもたちも大喜びのたこ焼きパーティーでした。

 

もとい。子どもも大人も大喜びのたこ焼きパーティーでした。

 

ちなみに、たこ焼きと言えども、魚介類が苦手なお子さんもおりましたので、中に入れたものは、あれやこれやもございました。明日も準備いたします、あれこれを。

 

お写真、clickして頂ければどんな具が入っているか、お分かり頂けると思います。

 

**************

 

えーっと、忘れないように肝心のご案内。

 

明日の礼拝はもちろんいつも通り、午前10時15分からです。

 

説教はなぜか『おいしい食卓へどうぞ』。何か怪しい。いや偶然の一致。いやいや、クリスチャンには偶然という言葉はないはずです。

 

神さまのお導きにより、ルカによる福音書14章15節以下のみ言葉によって神さまからのマナを頂きます。もちろん、たこ焼きを礼拝後にみんなでやりまーす!end

 

※下の写真はクリックをお勧めします。