2015年4月19日(日)NO.4 『 《絵手紙》を描くこころ 』

教会員の和義さんとF子さんのお宅の居間にある素敵な作品。ユーモアたっぷり、そして、ふかーく考えさせられるお言葉。絵も岡山らしさに満ちていて嬉しくなります(^^♪
教会員の和義さんとF子さんのお宅の居間にある素敵な作品。ユーモアたっぷり、そして、ふかーく考えさせられるお言葉。絵も岡山らしさに満ちていて嬉しくなります(^^♪

 

わたしたち旭東教会では19日の日曜日の礼拝のあと、定期教会総会が開催され、更にその後には新しく選任された役員さんたちによるちいさな会議も行われました。

 

しかーし。

 

それだけで夕暮れを迎えるのはもったいない、と言うことで、この日は、教会から車でほぼ真っ直ぐの方向に15分程のところにお住まいの和義さんとF子さんご夫妻をお訪ねする時間をもちました。午後4時半過ぎのことです。

 

一週間前に、F子さんが退院されたというお知らせをお聞きして、お目にかかりたいと思っている方たちと一緒にお訪ねしようということになった次第です。

 

**************

 

牧師夫妻と共に和義さん・F子さんのお宅に向かったのは、90歳を越えて旭東教会を元気に支えて下さっている〈正兄〉と〈〇田姉〉のお二人。

 

温暖な岡山の地だからお元気なのでしょうか。

 

オーバー90のお二人とご一緒できることは大きな恵みです。

 

教会の方たちのお誕生カードを絵筆を手にして長年描いて下さる和義さんとF子さんの居間の壁には、全国各地からの絵手紙(「絵手紙」は何と商標だと今知りました)がたーーくさん貼られていて賑やかです。

 

**************

 

わたくし(牧師のもりでございます)、旭東教会に赴任前には、日本最北の町、北海道の稚内市に居りました。

 

和義さん、その稚内のことを心に掛けてくださっていて、稚内在住の絵手紙の友だちからのカードを、さっそく差し出してくださいました。

 

フムフム、と見せて頂いた絵。

 

それがこの日記・ブログの下の方にある和義さんとF子さんが、それぞれに同じ方から頂いた美しい絵手紙です。

 

**************

 

暫くして、念のためにわたくし名前をみてみました。

 

するとそこには、《 〇川章子 》とありました。

 

章子さんは存じません。

 

でも、〇川さんは何か気になるなぁと思いまして、念のために、わたしの知っている稚内の〇川さんの住所を携帯電話にある住所録で確認後に、絵手紙の住所をみると。

 

・・・・、な、な、なんと。

 

稚内北星学園大学でご一緒していた〇川先生の住所ではありませんか。

 

さっそく〇川先生の携帯に電話。

 

「〇川先生、もりでございます。かくかくしかじかでございまして、今、電話をした次第です」とご挨拶。

 

**************

 

これって偶然なのでしょうか。

 

不思議ですよねぇ。

 

というか、ノンクリスチャンの〇川先生にはこう申し上げました。

 

「わたしたちキリスト教の世界では、こういうのを、神さまのお導きと申しております」と。

 

**************

 

絵手紙の他にも、お部屋の中に飾られていた大判の美しい絵をカメラにおさめてまいりました。

 

それが、今号のトップを飾っている絵です。

 

そこにはこんな言葉が添えられています。写真でも読めますね。

 

**************

 

ある病院で 主治医はこう言った。


平気年齢まで生きられた良しとする。
医学も日新月歩と言われるが
病人の希望どうりの治ゆはむつかしい。


平均年齢まで後五年
今からおいしい物食べなきやあ そんそん!

 

**************

 

自然の力はすごい


草ぼうぼう畑に ひょうたんかぼちゃが ごろごろ
教室の教材に持って行くと F子さん

上手に作ったのネ
と言われた

 

とんでもない
いつの間にか生えて いつの間にか
育ったのよハッハッハ

 

**************

 

日曜日の夜。

 

ひとりパソコンにて写真を眺めていて、あれやこれやのことを、本当にしみじみ、そして、深く思いめぐらしました。

 

**************

 

最新作は、

 

花もいいけど だんごもいい

 

という、今週の3枚に挙げた絵手紙です。追加で下にも入れました。

 

何と素晴らしいばつぐんの説得力の絵なのでしょう。

 

感動いたしました!

 

**************

 

訪問した一行4名。

 

それぞれに、やさしく穏やかな心でお布団に入りました(想像です)。

 

神さま、ありがとうございます。

 

和義さんF子さん、ありがとうございました。end

※下の写真は、ぜーひ、CLICKを!お勧めします。