2017年9月30日(土)135号 『 ごゆっくりどうぞ  トイレがきれいになりました 』

もう一つ、洋式のおトイレがあるといいなぁ。

 

そんな思いを、わたし(牧師のもりでございます)のこころにハッキリと抱き始めたのはいつだったか。

 

5年前、ということはございません。まだ、最北の町に居りましたので。

 

2017年度の教会総会資料にはトイレの課題も含めて、検討が必要です、のようなことが記されていたと思います。

 

少なくとも、バリアフリー化の一端として、会堂を土足解禁の方向で前進したいですね、とあったはずです。

 

**************

 

2017年10月1日(日)、つまり、2017年度も半年が過ぎ、後半に入る日曜日から、一新となったトイレを使って頂けることになりました。

 

ぜひ、遠方の方も、旭東教会にお出でになったら、わたしたちの自慢のトイレをお使いになってからお帰り下さい。

 

この度の、トイレ自慢?を始めるにあたって、あれやこれやと思い巡らしておりました。

 

毎週教会にお出でになる方でも、トイレをお使いにならないで、すーっとお帰りになる方も居られます。

その一方で、礼拝前、或いは、礼拝中。そして礼拝後、集会後、お帰りになる前に、必ずトイレをお使いになる方も居られます。

 

教会で過ごす時間が長い方は、自ずと、トイレをお使いになることも多いと思います。あとは遠方の方でしょうか。

 

**************

 

25年ほど前の改修工事で、バリアフリー化を進め、車椅子利用が可能な洋式のおトイレを、ということで設置されたのが、先日まで使っていたトイレ空間でした。

 

片隅には男性用の小専用便器がありますが、メインは洋式便器です。機能的にはいずれもまだまだ問題なし、に近いと思いますが、いささか空間が広すぎる感がありました。

 

でも、これ位では、教会がトイレ工事をしましょう、ということにはなりません。

 

では、なにゆえ、もう一つ洋式のトイレがほしい、ほしい、欲しいということになったのでありましょうか。

 

**************

 

それは、男性にせよ、女性にせよ、小さい子にせよ、大人にせよ、みんなに関係してくることでもあります。

 

用を足したいと思ったが吉日、と申しますか、正直に申し上げて、わたくしなど、60歳前の男性でも、5年前か、10年前からか、「おしっこぉー!」と思いましたら、全ての回がそういうわけではないにせよ、もう我慢と辛抱が効きません。

 

はい、これはですね、かなり切実な課題、と言えると思います。

 

そうそう、オレも、わたしも、ワシも、僕も、ということが多いのではないでしょうか。

 

2歳児、3歳児だって、ねぇ、そうでしょ、パパ・ママ。

 

**************

 

トイレの増設工事を検討し始めてから、幾つかの問題がありました。

 

面白い表現だなぁと思ったのは、初期の頃に、提案をして下さって、没となった案を持参された工務店の真面目な担当者さんがおっしゃった言葉です。

 

それはこういう内容でした。

 

「先生、このプランは、250万円(今回の工事とは全く無縁の金額です)も出して頂いて、教会の皆さんの、やってよかった感がどの程度あるか。かなり低いと思います」

 

ハッキリとそう言われたのです。

 

これは勉強になりました。

 

といいますか、すごい説得力のある言葉です。多少の無理をしてでも、必要なものにはお金がかかるんだから、やりましょう。やっぱりやってよかった、と思えるかどうか。本当に大事なことだと思います。

 

**************

 

3つの業者さんからの設計プランと金額の見積、つまり相見積もりというやつですが・・・・・・

 

それを頂いて、教会の大切なことを決定していく会議の席で相談いたしました。

 

その中で、誰もが文句なく、これでいきましょう、これに決定という提案をして下さったのが、「IRホーム(アイアール)さん」という会社です。

 

隣町の赤磐市に本拠を置く住宅販売、リフォームもなさる会社で、私たちの窓口のお店は、芥子山(けしごやま)に近い所にある岡山店さんでした。本当にお世話になりました。

 

教会の世界には、誰々設計事務所の○○先生が図面を書いた礼拝堂、というようなことがあります。

 

旭東教会のトイレ改修工事。

 

そんな著名な先生に相談するわけがありませんけれども、担当のY山さん。いつも速攻のお仕事振りで、さっさっと現場を見極めて、提案下さいました。納得のお値段で。ほんとに安心して、気軽に相談できました。

 

**************

 

実際に工事が始まります迄、紆余曲折とまでは申しませんが、実は、かなり悩ましい事態が、とあることとの関わり合いの中で存在することに気が付きました。

 

岡山市役所にまで、工務店の法令関係の専門の方が調べに行かれる、ということもありました。

 

こりゃ、まずいことになるのかなぁ、なんて心配もしたのです。

 

けれども、約20日間続いた工事も、終了のときまで、どなた様からのクレームも入ることなく、無事に完成へと至りました。本当に晴れがましい気持ちです。

 

**************

 

ちょっと、ちょっと。ただのトイレ工事でしょ?なんて言わないで下さい。少しばかり、自慢話をさせて下さい。

 

日曜日の夜でしょうか、今もTVであるのかどうか確認はしていませんが、「ビフォア&アフター」のような住宅関係の番組がありましたよね。それで取材してもらいたい、というのはかなりオーバーですけど、気持ちとしては、誇らしい気分でいっぱいなのです。

 

手洗いの脇にある小物を置ける創作desk、入室を外に知らせる赤色のランプの自動点灯(入室か否かの確認が大変でした)、もちろん、ウオシュレットの採用など。

 

**************

 

この度の旭東教会のトイレ改修工事。

 

かなり限られた予算と申しますか、これくらいで、と考えた工事の中で、最大の喜びを感じられるものだと太鼓判を押せます。それだけでなく、元々あった空間を利用する中では、まさに最善だと思います。

 

まだ、ご使用になった方は数名なのですが、今後、ジワリジワリと、「いいですね、旭東教会のおトイレ」というお声が外部のお客さまから聞こえたりするのでは、と思ったりしているのです。

 

お帰りになる方に、「トイレ、どうぞお使いになってからお帰り下さいね」と、やたらみんなが口にする教会になるかも知れません。(笑)

 

**************

 

来春3月最初の金曜日には、世界祈祷日の会場として旭東教会が用いられることになっています。

 

その日には、市内各地から教派を越えてのお客さまがお出でになりますから、改修工事をしっかり行いましょう、というのが、この度の工事開始のきっかけの一つとなったのは間違いありません。

 

しかしそれよりも、何よりも、お歳を重ねて来られた方が多くなる中、トイレ問題は、決して見過ごしに出来ない、というのが一番の理由でした。

 

**************

 

イエスさまは大工さんだった。

 

そのように、トイレ改修工事に携わってくださった、大工さん・職人さんたちにお伝えしながら伝道するのを忘れてしまったのが、少しばかり悔やまれます。

 

でも、まだ、もう少しの備品の取り付けなどに1週間ほどすると、お出でになることがありますので、しっかりと計画を立てて、さり気なーく、お話してみようと思います。

 

大工さん、左官屋さん、建具屋さん、床や壁などのカーペット職人さん、塗装屋さん、ぶっ壊し屋さん?、そして営業の窓口の方、近隣に挨拶回りをしてくれた女性スタッフの方、等など。

 

皆さん、笑顔でやさしく、しかも仕事ぶりは確か。養生の仕方も片付けも丁寧でした。どなたも、本当によい仕事をして下さいました。心から感謝です。

 

**************

 

わたしたち旭東教会の一人ひとりに託されていることは、このトイレが、もっともよい形で用いられるようになること。

 

そして、そのトイレをあたりまえの様に、美しく維持していくこと、でしょうか。

 

神さまが願って居られることはどんなことだろう。思い巡らしながら、自覚と責任をもって、みんなで大切にしていきたいと思います。

 

神さま、本当にありがとうございました!

 

**************

 

ホームページをご覧になりながら、まだ、旭東教会にお出でになったことのない方が居られましたら、どうぞ、礼拝出席や祈祷会参加とセットで、トイレをお使いになってみて下さい。

 

おーっと、もちろん、トイレ見学だけでも大歓迎です。心よりお待ちいたしております。end

 

 


もう少し、お見せします 旭東教会自慢のおトイレ そして工事の様子



2017年9月23日(土)134号 『 愛の鐘が鳴る十文字平和教会にて 〈バーベキュー礼拝〉万歳! 』*ミニ写真館付

野外バーベキューも後半 残ったのは仕上げの焼きおにぎりの頃 十文字平和教会のとしちゃんのギターに合わせて賛美です  自然に手拍子も!
野外バーベキューも後半 残ったのは仕上げの焼きおにぎりの頃 十文字平和教会のとしちゃんのギターに合わせて賛美です  自然に手拍子も!

台風18号が日本列島を縦断していった翌日。

 

9月18日(月・恵老の日)、10時10分に集合した旭東教会の20名。車5台を連ね、十文字平和教会に向かって出発しました。1時間と10分程のドライブです。

 

わたくし(牧師のもりでございます)の運転する車に乗っておられた幸子さん。

 

市内中心地から次第に郊外に進むにつれ、

 

「せんせ、十文字平和教会って、岡山市内にあるんやないん?」


「岡山市の北区かなぁ」


「わたしぃ、街中にあるもんやとおもうとったわぁ」


「岡山空港、飛行場の方です。丘の上の教会」

 

という少しとんちんかんな会話も弾みました。

 

そう、十文字平和教会がどこにあるのか、知らない方の方が多いのです。月に2度の礼拝応援が始まって2年目。牧師を送り出す旭東教会の皆さん、まだまだ十文字平和教会の姿が目の前に浮かびません。

 

                **************

 

愛の鐘のロッジで野外バーベキューをしましょう!

 

そんな素敵なご案内を頂き(わたくし森も計画が始まった席に居りましたが)、旭東教会で参加者を募ると、予想を遥かに超える20人の参加となりました。

 

その結果、十文字平和教会の方たち10名ほかを合わせると何と40名が一同に集うバーベキュー。

 

十文字平和教会の方たちも、初めての経験となったようで、こんなに多くの方たちを迎えることが出来るのだろうか、と心配されたようです。実際、ご苦労もあったと思います。

 

でも、ふたを開けてみると、杞憂に終わったようです。本当に楽しく、ゆたかな一日をみんなで過ごすことが出来ました。

 

                **************

 

11時半の定刻を少し過ぎた頃、総合司会役の満さんの挨拶に続き、わたくしもひと言(1分で)、ということで、当日のローズンゲンのみ言葉を読み、小さな応援メッセージを語らせて頂きました。2分かかったかな。

 

その後、十文字平和教会の讃美歌とも言える、『讃美歌第2篇』の189番「丘の上の教会へ」を一同で歌いました。

 

野外バーベキューの会場は「愛の鐘のロッジ」の名が付けられていて、毎朝9時と夕方5時に、鐘が鳴り響きます。

 

「さやかにやさしく ベルは鳴りわたる あぁ、なつしぃ教会へ きょうこそみんなで帰ろぅ」

 

この歌詞はこの日のために備えられていたのでは、と心底思うひとときでもありました。

 

それから直ぐにバーベキューが始まりました。本当にどれもおいしかった。

 

                **************

 

以下、幾つかの嬉しくなった場面をご紹介します。

 

◆バーベキューが生まれて初めての正さん
 94歳になる正さん、「バーベキュー いかがですかぁ?」とお声掛けすると、「わたし、バーベキュー生まれて初めてなんです」とのお答え。

 それを聞いただけでも、嬉しくなりました。余談ながら、正さんは、わたくしが〈マック〉〈回転寿司〉にも連れて行き、お初を経験して頂いております。

 

 

◆間もなく90歳 Wさんご夫妻がモリモリ食べて下さっていたこと
 89歳、88歳のWさんご夫妻。バーベキューに来て下さったのはいいけれど、もう、お年頃は過ぎていて、あんまり食べられないのでは、と心配しておりました。

 

 が、完全に勘違いしておりました。

 

 お二人共に、お席からほとんど動かず、楽しく、おいしく、もりもり食べ続けて居られました。「ムネリン、お肉、久しぶりですか?」みたいな感じ(野菜中心に召しあがっていたかも知れません)に見えるほどでした。

 

 

◆旭東には、普段、車で1時間かけて来られる富雄さんのご挨拶
 わたし、玉島に住んでおりまして、車で1時間程かけて礼拝に来ています。でも最近、教会がどんどん近しく親しい思いを抱く場所になって来ています・・・・・・。

 

森牧師(わたしです)それを聴いていて、感動の涙をポロリ。

 

 

◆総合司会の満さんのお姿 マイクをもって挨拶の時・・・・・・

 当日は、デザートのアイスクリーム、そして、ピオーネなどの特大ぶどうを満喫した後、みんながマイクを手にして自己紹介をしました。

 

 最後に満さんにマイクがわたった時、皆さんの喜びの言葉の数々、十文字平和教会への感謝の思いに触れたからだったからでしょうか。

 

 満さん、マイクをもったまま天を見上げ、その後、うつむき、感極まって言葉につまり、ひと言もお話できませんでした。

 

 この場面も美しく、こころ震えるひとときでした。

 

                **************

 

そろそろ解散の時刻が近くなってきた頃、総合司会の満さんが私のところに近づいてこられました。

 

「森先生、さいごに〈祝祷〉してもらえないでしょうか」

 

そう言われたのです。

 

わたくし即座にお答えしました。

 

「もちろん、いいですよ」と。

 

                **************

 

が、わたくし、その1分後位に、あっ、そうか、そうだったのかぁ、と心の中で大きくうなずき始めていたのです。

 

11時半~14時半位まで続いた、愛の鐘のロッジでの野外バーベキュー。これは単なるバーベキューではなかったんだ、と気付いたのです。

 

祝祷って、普通は礼拝で行うもの。

 

きょうは聖書も読んだ、お祈りもした、1分間メッセージもあった。たくさんの恵みを分かち合った。

神さまに出会い、隣人に出会い、お肉や野菜でお腹いっぱいなのではなく、感謝の思いでみんなが満腹じゃないか。

 

これって、礼拝じゃないか!そう確信しました。

 

その気付きを皆さんにお伝えして、讃美歌541番の頌栄・「父、み子、みたまの おおみかみに、ときわにたえせず みさかえあれ」を一同で賛美。

 

その後、祝祷いたしました。

 

      **************

 

喜びの礼拝。

 

そこには余韻がつきものです。

 

世界初の〈バーベキュー礼拝〉。神さまが備え導いて下さった神の国の福音の出来事は、これからも、我ら一同を確かに支え導いてくれることを確信しています。

 

神さま、ほんとうにありがとうございました。

 

そして、十文字平和教会の皆さん、これからもよろしくお願いいたします。ご一緒に信仰の旅路を深めて参りましょう。end

 


十文字平和教会 愛の鐘ロッジでの野外バーベキュー Clickでさらに美しく



2017年9月15日(金)133号 『 頑張ってます 283歳 』 *ミニ写真館付

頑張っておられるお三方、合計283歳です。目指せ300歳!
頑張っておられるお三方、合計283歳です。目指せ300歳!

聖書の一番はじめの書である創世記5章には、人類の長寿の歴史とも言えるような「アダムの系図」が記録されています。

 

そして5章の一番最後には、神に従う無垢な人として知られるあの人が出てきます。

 

子どもたちの名前や、幼稚園の名前に使われているのを見かけることがありました。

 

【5:32 ノアは五百歳になったとき、セム、ハム、ヤフェトをもうけた。】

 

そうです、答えは「ノアさん」です。ノアさん、幾つまで生きたのかご記憶でしょうか。答えは創世記9章の終わりの方にこう記されています。

 

【9:28 ノアは、洪水の後三百五十年生きた。29 ノアは九百五十歳になって、死んだ。】

 

なるほど、そうだったなぁと思い出される方も居られることでしょう。

 

**************

 

でも油断してはいけません。なぜって、ここで問題が出るからです。

 

《 聖書の中で、最長寿だった人は誰でしょう 》

 

もしも、すぐに答えられる方が居られたら、これは拍手喝采もの。正直に告白いたします。わたくし(牧師のもりでございます)、今まで覚えておりませんでした。

 

とある聖書辞典では、その人=最長寿の人についてこう紹介していました。

 

《 ノアの祖父に当る。彼は969年生きた。これは聖書に記録されているかぎりでの最年長者である。 》

 

答えはですね、創世記5章27節に召されていった年齢と共に紹介されているこの方です。

 

ちなみに彼の名前は創世記5章21節に最初に出てきます。

 

【5:27 メトシェラは九百六十九年生き、そして死んだ。】

 

そう、「メトシェラさん」という人なのです。

 

**************

 

さてさて、9月10日(日)は恵老祝福の日として、恵老祝福礼拝をささげ、共に聖餐にあずかり、記念撮影の後、午後からは、恵老祝福愛餐会の楽しい時を過ごしました。

 

とりわけ、午後からの愛餐会は、泰さんの名司会によって、岡山名物バラ寿司を頂きながらのお食事を含め、正味1時間と5分程でしたのに、とーっても楽しく豊かなひとときを過ごすことが出来ました。

 

メロディーベルを数週間にわたってお稽古して下さった皆さんの「埴生の宿(はにゅうのやど)」の演奏も素晴らしかったですよ。そのあと、実際に讃美歌も歌いました。

 

他にも、久しぶりに教会にお出で下さったT兄と寄り添いのお嬢さんも、ごくごく自然にそこに居てくださったりして、教会っていいなぁ、と多くの方たちが感じていたこと太鼓判です。

 

愛餐会のバラ寿司も岡山一でしょうし、「いやー、映画っていいですね」もとい「いやー、旭東教会って本当にいいよなぁ」と満たされた次第です。

 

**************

 

司会の泰さんが準備されたのは(写真は、ブログの下の方に貼りつけてあります)大型の用紙に記されたものです。

 

こんな、おもしろ、おかしいことが記されているのです。

 

“今日の私を語る” 老年の主張 2分間メッセージ(一択です)

 

             1. 今熱中できること
             2. 私の好きな歌・うた・さんび
             3. 私の初恋の人
             4. さいごの晩餐で食べたいモノ
             5. もう一度見たい映画
             6. 私を生かす言葉
             7. 信仰を続けられたヒケツ
             8. 最近の私の最大の出来事

 

                             ※これらにとらわれず おおらかに

 

という質問が掲示されていました。いかがですか?僕たちの教会も使いたい?

 

「もってけ泥棒」でありまして、どうぞ、どうぞ、遠慮なく、来年でしょうか、御教会の恵老祝福の日にお使い下さい。

 

〈ボケ〉と〈ツッコミ〉が自然発生していた愉快な空気の中の1時間と5分。大いに笑い、幸せな余韻が残る、本当に嬉しい日曜日となったのです。

 

**************

 

各地の教会でも、ご高齢の方々を囲んでのお祝いがなされたことと思います。

 

旭東教会でも、9月10日時点で80歳をお迎えになっている皆さんをご招待しました。

 

その数、18名。そのうち男性は4名、14名が女性でした。圧倒的に女性たちがお元気です。

 

**************

 

中でも、旭東教会が誇るご長寿ベストスリーが、上の写真のお三方でございました。

 

      1) ○○ 寿 先生    1920年(大正 9年) ○月29日 96歳
      2) ○○  季具枝 姉  1922年(大正11年)○月 1日 94歳
      3) ○○ 正 兄     1924年(大正13年)○月 1日 93歳

 

当初、テーブルセッティングが終わったのをみても、誰がこちらにお座りになるのか、ボンヤリしていた私には分かりませんでしたが、泰さんのお話を聞いて合点がいきました。

 

そして、カメラに記録されておりました写真を眺めていて、とても嬉しく、幸せな気持ちになってきたのです。来年も元気にこのお席にいて下さい。礼拝、ご一緒いたしましょう、と心から感じたのです。

 

**************

 

お三人ともに、しっかり食べる元気があることはもちろんのこと、まだまだ、なすべきことがあるというお気持ちをしっかりもっておられることが分かります。

 

礼拝、そして、信仰の旅路を、まさに、末長くご一緒させて頂きたい。心より願っております。

 

若い方たちの姿、働き盛りの方々がたくさん居られることも嬉しいですが、ご高齢の方たちこそ、日曜日に、《きょういく場所》を礼拝の中に見出し続けて頂けるように、みんなで助け合い、努力していきたいと思った次第です。

 

**************

 

おっと、今回のBlog・教会日記のタイトル、『 頑張ってます 283歳 』の意味はお分かりですね。

 

上の写真のお三方、寿先生、正兄、季具枝姉のお歳を合計してのお歳です。

 

季具枝さん、10月1日がお誕生日ですから、間もなく、合計は284歳となりますend 

 


2017年度 旭東教会恵老祝福の日 《 教会っていいなぁ 》 Clickで更に美しく



2017年9月9日(土)132号 『 夜の訪問者 オルガニスト登場 』

Tさんにとって、教会のオルガンに座ることは、ほんとうに幸せな時間なのだろうと想像します。2017年初秋 旭東教会夜のひとこま
Tさんにとって、教会のオルガンに座ることは、ほんとうに幸せな時間なのだろうと想像します。2017年初秋 旭東教会夜のひとこま

こんにちは

 

今週もわたくし(牧師のもりでございます)が旭東教会のホームページの「Blog・教会日記」をお届けいたします。

 

秋の訪れを、ここ岡山市東区西大寺でも、とりわけ朝晩に感じるこの頃です。

 

数日前の夜、教会をお訪ねくださったご夫妻が居られました。

 

明日、9月10日(日)は、恵老祝福礼拝をささげますが、その対象者である80歳を越えたTさんと奥さまのMさんでした。

 

神さまからの風が吹いてのお導きと思いますが、少しの間、礼拝堂でお話ししたりする時間が与えられました。

 

写真はその時のひとこまです。

 

**************

 

Tさん、オルガニストとして礼拝奉仕をなさっていたこともある方です。

 

わたしも、鍵盤楽器を少しだけですが弾いていたことがありますので、何となくお気持ちがわかるのですが、オルガンに座って、指を動かすだけでも、とても落ち着いた気分になります。

 

ご覧の写真の通りですが、Tさんが教会のオルガンを弾かれたのは、久しぶりのことだったと思います。とても楽しげでした。

 

Tさん、最初は指ならしをされていましたが、わたくしが讃美歌を開き、慈しみ深き、そして、きよしこの夜などをリクエストすると、ごく自然に鍵盤を両手で弾かれ、「あー、いい音だ」と喜んでくださいました。

 

**************

 

その後、数日経った今、わたくしは、ヨハネによる福音書の3章に登場するニコデモさんが、イエスさまのところを夜訪ねて来た場面を思い出しています。

 

ニコデモからの言葉を聴いたイエスさまがこう語られました。

 

【はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。】と。

 

更にイエスさまは続けました。

 

【風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。】

 

このような、ヨハネによる福音書らしいとも言える、少し謎めいたお言葉を用いて、イエスさまはニコデモに対する愛の言葉を語られたのです。

 

Tさん、そして奥さまのMさんと、礼拝堂で静かなひとときを過ごせたこと、とても感謝でした。

 

**************

 

写真には、夜の礼拝堂の澄んだ空気が不思議と広がっているのを感じます。

 

教会の礼拝堂には、このような日曜日の朝とは全く違う時間が、ふとした瞬間に生まれる時があるのです。

 

人の思いを越えた備えを下さったのは神さまとしか思えません。

 

神さま、イエスさま、そして慰めぬしなる聖霊よ、本当に感謝します。ありがとうございました。

 

もしかすると、Tさんにとっての〈新生の時〉が備えられていたのかも知れません。end

 

 


こちらもどうぞ 夜の礼拝堂も美しい  旭東教会です クリックで大きくなります


2017年9月初秋 夜の礼拝堂にて Tさんご夫妻と森牧師 神さまの備えてくださった、幸せな時間でしたよ (^^♪
2017年9月初秋 夜の礼拝堂にて Tさんご夫妻と森牧師 神さまの備えてくださった、幸せな時間でしたよ (^^♪