2016年5月27日(金) № 66 『  秘密のお話も飛び出した 2016年 旭東教会のピクニック!』(ミニ写真館はクリニック!して御覧下さい)


〈ピクニック ミニ写真館〉clickで解説?も出て大きくなります。



秘密のお話も飛び出した 今年のピクニック!


誰が発信源?かわからずに困っているのは美樹さんです。こんな遊びもありました(^^♪
誰が発信源?かわからずに困っているのは美樹さんです。こんな遊びもありました(^^♪

 

 

 

いつ頃から始まった行事でしょう。5月22日(日)の午後行われた旭東教会のピクニック。

 

帰り道に、素敵なリュック?を肩に掛けていた泰さんが、「やっぱり、ピクニックだからこれでしょ」と言われました。

 

そうすると、ちょっとお使いに行く程度の距離ではなく、野を越え山越え、水筒も抱えて、汗をかきかき出掛けるのが〈ハイキング〉。

 

途中までは貸し切りバスに乗ったりすることもあるのが〈遠足〉でしょうか。かつて働いていた幼稚園のお別れ遠足の定番は水族館だったことを思い出します。

 

**************

 

さてさて、5月22日(日)はファミリー礼拝のあと、子どもたちと一緒にピクニックを計画した我ら旭東教会。

 

うかつにも?地元の小学校が運動会だったこともあり、子どもの参加は一人だけでした。

 

でも、そんなことは、全く気にすることもなく、大いに楽しんだピクニックとなりました。

 

**************

 

目的地は車に乗り合わせて12分程で確実に到着の神崎緑地(かんざきりょくち)。

 

地元ではこの30年程の間に、梅園で知られるようになった気持ちのよい丘です。

 

そこに、とっても使い勝手のよいホールがあります。車椅子でも安心して利用できるトイレも完備。当然、スロープも良い具合にありますから安心です。

 

使おうと思えば、立派な厨房もあります。しかも、3時間程お借りしても「本当にこれでよろしいのでしょうか」と思ってします使用料なのです。感謝です。

 

**************

 

今回のピクニックで、さまざまな楽しい企画を担当してくれたのは亮子(りょうこ)さんでした。幼い頃から旭東教会の教会学校に来ていた旭東っ子です。

 

HP冒頭の「今週の3枚!」他、上のミニ写真館でもベージュ系のTシャツを着て登場されている方です(あとでご確認を)。

 

亮子さんをリーダーに指名した光代さんの慧眼(けいがん)にも拍手を忘れてはならないと思います。抜擢!大正解でした。

 

あそびのメニューの中には、聖書にちなむ〈ラザロの復活あそび?〉というような斬新なものもありましたが、中でも、みんなで大いに楽しんだのが「魚鳥木」(ぎょちょうもく)だったかも知れません。

 

**************

 

Wikipedia・ウィキペディアによれば、「魚鳥木」(ぎょちょうもく)についてこんな説明があります。

 

冒頭の一行は「多人数で行う遊びのひとつ」とあるのです。なるほど、ピクニックにぴったり。

 

そしてそれに続いて、こう書かれています。以下しばらく引用です。

 

【魚鳥木】
1.参加者で車座になり、リーダーを1人決める。
2.リーダーが「魚鳥木、申すか申すか」と言い、その他の参加者が「申す、申す。」と答える。
3.リーダーが参加者の1人を指差して指名し、「魚(ぎょ)」「鳥(ちょう)」「木(もく)」のうちどれかを言う。
4.指名された参加者は「魚」と言われた場合魚の種類を、「鳥」と言われた場合、鳥の種類を、「木」と言われた場合、木の種類を言う。
5.答えられた場合、リーダーは違う参加者を指名し、ゲームを続ける。
6.答えに詰まったり、答えを間違えた場合、その参加者はアウトとなる。
7.アウトになった参加者が次のリーダーとなり、ゲームを続ける。

 

**************

 

さてさて、亮子さんの、「じゃぁ、はじめるよー!」と言うのに応えて、みんなが「オー!」と応えるような空気の中で始めた魚鳥木。

 

いやぁ、大いに盛り上がりました。

 

古くからある遊びのようで、平均年齢○7歳の旭東教会のメンバーの中でも、人生の大先輩方は「むかしはなぁ、なにかと言えば、これで遊んどったんじゃぁ」と言って満面の笑顔でした。

 

**************

 

実は、亮子さんの真骨頂はこれだけではなかったのです。

 

それは罰ゲーム。

 

でも、それは決して意地悪なものではなく、超大ヒットではないか、というものでした。

 

ある意味、これこそ教会向けの深いものを包含した質問が準備されていたのです。

 

それは、「だれにも話したことのない秘密を話してください」と言うものでした。

 

この日は、既に、みんなのこころの扉が不思議な風の力によってひらかれていましたから、参加していた一同、誰ひとりとして不満も疑問も感じることなく、罰ゲームを始まったのです。

 

**************

 

しかーし、初っぱなに、秘密のお話をしなさいということになったのはわたくしでして、実は亮子さんから直ちにイエローカードが出ました。

 

「もり先生、それはダメです。そいうのは〈自慢話〉と言います。やりなおし!」

 

というような、あとに続く皆さんが、決して真似てはならない見本がうまい具合に飛び出したりして、ますます楽しく盛り上がっていった次第です。

 

**************

 

マイクを手にして、秘密を告白するに至った方の数は・・・・・・1,2,3,4,5人程だったでしょうか。

 

それぞれに、ちょっぴり悲しみがあったり、辛かったのねということが秘められていたりの内容でした。たぶん、参加していた皆さんは、それらの秘密の告白を心にしっかりとしまって下さっていると思います。

 

あたたかな空気の中、互いが自然に手をつないで遊んでいる安心感にも包まれていたからこそ、秘密のお話ができたのです。

 

**************

 

いやぁー、今振り返って見ると、何と素晴らしい時間だったのだろう、と思います。

 

ご家族も、ご主人も、ご両親も知らないようなことをお話できるなんて、教会ならではのピクニックとなりました。

 

そしてまた、あれやこれやと思い巡らし、前週にはほっとタイムの時間に、仲間たちと練習をしながら本番に臨んで下さった亮子さん。こころからありがとう!と思います。

 

**************

 

楽しく、そして真面目に朝の礼拝をささげ、その後は、張り切って、大笑いしながらあそぶこともできる旭東教会。ぜひ、仲間入りして下さい!

 

去年はそこに居なかった新しい仲間も加えられて、この日も、〈神の国〉が確かに見えて触れられたゆたかな日曜日となりました。

 

この日の朝4時半頃、召天された重喜さん、そして天国で迎えてくれたであろう奥さまの喜美子さんも、天国から、わたしたちのピクニックを、やさしい笑顔で見守ってくれたことを確信します。end

 



2016年5月17日(火) № 65 『 2016年 旭東教会の〈ペンテコステ・聖霊降臨日〉 』*ミニ写真館付です

2016年5月15日(日)はペンテコステ・聖霊降臨日でした。旭東教会の聖霊降臨祭に準備されたのはこちら。皆さんへのプレゼントです。
2016年5月15日(日)はペンテコステ・聖霊降臨日でした。旭東教会の聖霊降臨祭に準備されたのはこちら。皆さんへのプレゼントです。

きのう(5/16)の月曜日、神奈川県のとある教会で誠実に教会生活を送って居られる信仰の友から、わたくし(牧師のもりでございます)宛てに、こういうtitleのメールがきました。

 

『 ペンテコステおめでとうございます 』

 

そして、お便りの書き出しにはこうあったのです。

 

【ペンテコステおめでとうございます! で良いのですよね。

大切な日なのに、どうも冷遇されている感じもします・・・】

 

**************

 

友人が表現してくれた「大切な日なのにどうも冷遇されている感じ」。

 

全くそのとおりと言いますか、〈言い得て妙〉と言う日本語がぴったりではないか、と感じました。

 

いったい、各地の教会の皆さま、いえいえ世界中のキリスト教会は、ペンテステをどんな風にお祝いしているのか、真剣にリサーチする価値があるのではないか。

 

そんなことを思うのです。

 

わたし自身、神学校に入学するまで、ペンテコステのことを深く理解できていなかったというのが本当です。かといって、ペンテコステについて神学校で詳しく学んだ、ということもありませんでしたが。

 

**************

 

さてさて、旭東教会の2016年のペンテコステ。明るいムードと炎の色がキリリと礼拝空間のアクセントになっていたなぁと感じます。

 

本当に感謝です。

 

今年も、写真にありますように、〈炎の切り紙による栞(しおり)〉が礼拝出席された方々に配られました。

 

これ、昨年から配り始めたものです。最近気がついたことですが、ご自分の聖書に挟んで大事にしておられる方が思いの他多く居られました。

 

**************

 

礼拝では小さな籠をもった子どもたちが会衆席をまわって、皆さんにお届けしました。ヨハネによる福音書6章の5千人の給食の場面で活躍した少年を思い起こすようなシーンです。

 

礼拝後、胸のポケットに入れて下さったご夫妻も居られました。写真にあります。なかなか格好いいです。

 

礼拝報告のときに、「病床に居られる皆さんにも、ぜひお届け下さい」とお願いしたところ、「聖霊のプレゼントが出来ました」という連絡も入りました。嬉しいペンテコステの喜びの分かち合いとなりました。

 

入院先のお部屋に飾られる炎が、「これ何ですか?」という会話を生み出して、新しい聖霊の風が吹き起こることを祈るばかりです。

 

**************

 

それから、午後3時からの十文字平和教会の礼拝応にも、《十文字平和教会版》を作成して持参しました。

 

鳩が切り抜かれた所をお洋服のボタンにそっと掛けてくださるオシャレさんも居られ、皆さん、笑顔でした。

 

**************

 

今年は炎の栞の他に、日本キリスト教団出版局が発行している『とんとん 2016年6月号』の特集号を参考にして、ジュニアサークルのサブリーダーの美樹さんが「ペンテコステの切り紙」に挑戦してくれました。

 

聖霊の赤・鳩の白・旭東教会のイメージカラーの緑を生かした切り紙が、礼拝堂の小型講壇に飾り付けられました。礼拝堂の空気がハッキリと違いますので祝祭の空気が整いました。

 

幸い、教師の友の編集部には旧知の方が居られましたので、月曜日の朝、メールに5枚ほど写真を添付。旭東教会のペンテコステ、特に、子どもたちとのお祝いの場面を送りました。

 

**************

 

すると、数時間後にこんな内容のお返事が。

 

【森先生、メールと御写真をありがとうございます。
とんとんを参考にしていただき、つくっていただき感激です!
ぜひお子さまにもいつか作っていただけるとうれしいです。
どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

 

「感激です!」と言って頂いて、こちらこそ感激であります。

 

**************

 

礼拝後のほっとタイムの時間、「ペンテコステの赤色を身に着けてきた人たちで写真を撮ろう」という声が聞こえて、撮影したものも、下のミニ写真館にあります。

 

それぞれTシャツを着ていたり、赤色のマジックを持ったり、椿のブローチを付けたりとノリノリです。

 

他にも、素敵な赤色のイヤリングをして来られた方にも気がつきました。

 

2016年の旭東教会の聖霊降臨日・ペンテコステ。皆さんに少しでもその喜びをお届けできれば幸いです。

 

新しいお仲間が、来年のペンテコステに向けてまた増えていくと嬉しいです。どうぞ、気軽にお出かけ下さいませ!end

 

以下、ミニ写真館の写真はclickしてお楽しみ下さい。コメント付、何より、だいぶ違って見えます(^^♪

 


2016年 ペンテコステのミニ写真館! 一枚だけ2015年版があります(笑)




2016年5月11日(水) № 64 『 2016年〈母の日〉の出来事 』

 

 

 

左の写真、5月8日(日)朝9時からの旭東教会ジュニアサークルの礼拝のひとこまです。

 

写真に登場のにこやかな女性はJCリーダーのおひとり光代さん。

 

この日は「母の日」でもあったので、メッセージの後半で、そのことに触れている時の一枚です。

 

**************

 

光代さんが手にしているプレートに注目してみましょう。

 

「1991年 母の日 ○より」と書かれています。

 

これは、光代さんのご子息からのプレゼントなのです。

 

教会学校に出席されていた○さんが分級でみんなと一緒に描いたもののようです。おもてには、「毎日ありがとう」というメッセージと絵があります。

 

Webで調べて見ますと、《千年カレンダー》なるものがありました。どうやら、1991年の母の日は5月12日だったようです。

 

25年経った今でも光代さんのお宅のお台所(だったかな?)に飾られているとお聞きしました。凄いなぁと思います。

 

何より、光代さんが紹介してくださったいる時の表情がやっぱり幸せそうに見えます。

 

**************

 

実は、25年前に使ったプレートと同じものが、もの持ちの良い旭東教会のジュニアサークルです。宝物でいっぱいの倉庫?の中で、先頃、見つかったのです。最近、少しずつお片付けが進んでいることへのご褒美かも知れません。

 

何より、母の日の説教担当になっていた光代さんに神さまが働きかけたのでしょう。

 

光代さんの心に、「そうだ、5月8日のJCで出席する子が居たら、これを使って・・・・・・」という一本の道がパッとひらめいたようです。違うかな?

 

**************

 

そういうわけで、この日のジュニアサークルの礼拝(おとなの方が出席してもとっても恵まれます、この日も片手では足りないくらいの方が参加)に出席してくれた直ちゃんに、礼拝後の分級でお母さんのためにお絵描きをしてもらいました。

 

指導は安佐子さんです。

 

わたくしも、分級での直ちゃんの様子をチラチラと見守っていましたが、スイスイと絵を描き上げて完成。どうやら、直ちゃんはお絵描きが大好きなようです。

 

下にどーんと大判でお届けした写真は、直ちゃんが描いたプレートを、10時15分からの礼拝の中の「1分間メッセージ」(通称です、本当はもっと長い)の時間に、お母さんにプレゼントしている場面というわけです。

 

受け取るお母さんも嬉しいですが、後ろから見守っている皆さんの優しい笑顔がまたいいなぁと思います。

 

**************

 

新約聖書の第一コリント書3章6節にこうあります。

 

【わたしは植え、アポロは水を注いだ。しかし、成長させてくださるのは神です】

 

この日の「母の日」をめぐる幾つかのことは、神さまのご計画だろうとわたしは思っています。

 

神さまはわたしたちのちっぽけな思いを越え、ふかーいご計画をもって、旭東教会の成長の場を備えられたのだと感じます。

 

こういうことは世代を超えた方たちが一同に集う教会ならではのことのように思います。

 

**************

 

わたしたちが大切にしている「聖餐式」や「洗礼式」の根底には、〈想起=アネムネーシス〉することの大切さがあります。

 

「母の日」の祝いの場も、神さまが主催された出来事として考えて見ると、〈想起=アネムネーシス〉に確実につながっていることを知らされるのです。

 

我々を成長させてくださろうとする神さまの御手の働きを感じたら、その妨げにならないように努め、神さまのご用に喜んで仕えるわたしたちで在りたいなぁ、祈るばかりです。

 

**************

 

やっぱり教会っていいなぁ、との思いを深めることができた旭東教会の日曜日でした。

 

感謝です。

 

まだ、お目に掛かっていない皆さんのお出でを心からお待ちしています。

 

ほんとうにお気軽にどうぞ!end


直ちゃんから お母さんへ 2016年 母の日の贈り物


直ちゃん、実はすごーく恥ずかしかったようです。みんなで嬉しくなるこのひとときは、本当に幸せな時間です。旭東教会の礼拝へどうぞ!
直ちゃん、実はすごーく恥ずかしかったようです。みんなで嬉しくなるこのひとときは、本当に幸せな時間です。旭東教会の礼拝へどうぞ!


直ちゃんの手書きの絵はこちらです。25年後にお母さんがJC礼拝で紹介してくれるかな(笑)ピカチュウが子どもたちでは今も人気なんですね。
直ちゃんの手書きの絵はこちらです。25年後にお母さんがJC礼拝で紹介してくれるかな(笑)ピカチュウが子どもたちでは今も人気なんですね。



2016年5月5日(木) № 63 『 ストーブさん 長年お世話になりました 』

何だかとてもハンサムに見える大型石油ストーブさんです。下のミニ写真館の方も是非clickしてあげて下さい。ビックリの燃え盛りが見えます。
何だかとてもハンサムに見える大型石油ストーブさんです。下のミニ写真館の方も是非clickしてあげて下さい。ビックリの燃え盛りが見えます。

旭東教会の礼拝堂に毎年11月のおわり頃、壮年会のメンバーによる礼拝堂のワックス掛けを含む大掃除が行われる時に姿を現し、5月か6月の大掃除の頃に姿を消して行くもの。

 

それが、TOPに置かれた写真でご紹介している大型石油ストーブです。

 

わたくし(牧師のもりでございます)が、旭東教会の前牧師の指方信平先生が週報に書かれたコラムでは「静かなる長老」と呼んで居られました。

 

まったくその言葉の通り、歴史ある旭東教会の会堂を、いつの頃からか温め続けて来てくれたストーブです。

 

**************

 

2015年の冬、着任して初めて自からこのストーブに点火しようとしましたとき、はて、一体、どのようにすれば良いのだろうか、とだいぶ戸惑いました。

 

よく似た型の石油ストーブを福岡市内の教会に仕えていた頃使っていましたので、右も左もわからない、というわけではありませんでした。

 

でも、どうやら、旭東教会のこの大型石油ストーブはもう少し年代物のようです。

 

福岡の教会のストーブは灯油タンクが別の所にあり、そこに注油すればよかったのですが、旭東教会のストーブは、本体と灯油タンクが一体型のものです。

 

**************

 

何年か前までは、礼拝堂の後部にもう一台が置かれていた、ということを教えて頂きましたが、そちらは既に隠退。

 

多少のことならば手作りで何でもやります、という熱いこころをお持ちの〈正さん〉も、「わたしにもお手上げです。修理しようにもできません」ということで、一線を退いたそうです。

 

そして、5月1日の日曜日、以下のような文書が教会の皆さんに配布されることになったのです。

 

**************

 

エアコン献金のお願い
                                                   日本キリスト教団 旭東教会
                                                                      役員会一同

 皆さまへ
 主のみ名を賛美いたします

 

 私たちは1923年・大正12年に献堂された歴史ある礼拝堂で、日曜日毎の礼拝を豊かに捧げることが出来る恵みに日頃から深く感謝するものです。

 

 さて、このたび私たちは、礼拝堂で長年使用して参りました大型石油ストーブおよび冷房専用エアコンの老朽化、壁掛け扇風機の廃棄に伴い、今後の冷暖房の機器として〈大型エアコン2台〉と〈天井のシーリングファン〉の設置を決断いたしました。夏は涼しく、冬も安全性が高まり、安心で暖かな環境を目ざします。

 

 工事費用の総額は90万円です。既存の会堂関係の預貯金に頼ることなく、今を生きる私たちの献身と感謝の祈りを込め、期間限定の献金によりこの取り組みを実施したいと願います。

 

 礼拝環境を整えることは、先達の労苦により、1903年・明治36年の教会創立の頃から綿々と続いて来たことであり、福音を次世代に委ねていく務めを担う私たちの使命です。

 

 それぞれの生活のご事情があることと存じますが、何とぞ、お祈りをもって、皆さまのご協力を心よりお願い申し上げます。

在主

 

**************

 

下にあります写真をご覧頂くとわかりますが、こちらのストーブ、相当な高温になることがわかります。

 

旧約聖書の預言書のひとつ、『ダニエル書』の3章に出てくる、燃えさかる炉が思い浮かぶ程です。

 

おそらく、短めに考えても50年、或いは、60年以上かも知れないですが、旭東教会の礼拝を支えて来てくれた功労者に違いありません。

 

幼い子どもが転んだら、という以上に、ご高齢の方が転んでストーブに手をついたら、と真面目に心配しなければならないのも本当の所です。

 

**************

 

夏の暑さを少しでも凌ぐために使われていた(下のミニ写真館にあります)壁掛け扇風機も、去年の秋の大掃除の時にスーッと姿を消して行きました。

 

一気にプラスチックの老化が進んだのか、女性陣がちょっとしたお手伝いをして下さったときに、「これ、もうだめです。パラパラ崩れます」状態になっていることが判明。誰も反対することなく「さよなら」をいたしました。

 

あれから半年。

 

大型石油ストーブだけでなく、夏だけ使用できる冷房専用エアコンも26年目に入り、この度の、エアコン工事によって撤去されることになります。

 

2016年の大掃除は5月29日(日)の礼拝後です。灯油が少し残っていましたので、子どもの日の夜、お掃除がスムースにいくように最後の点火をして、記念の写真を撮影しておきました。

 

おそらく、少し時間を掛けて調べれば、この1年の間にも、大型石油ストーブが旭東教会の礼拝堂の一部として写っている素敵な写真があることと思います。もし見つかったら、その時には、下のミニ写真館を増補しておきましょう。

 

**************

 

おしまいに、2015年2月1日の『週報』表ページのコラムに、指方信平牧師が記されたもののを抜粋してご紹介します。以前にもどこかで引用しましたが、このエッセイ、ほんとうに素晴らしい!です。

 

子どもの日が終わろうとする頃、夜の礼拝堂で、感謝のことばを伝えました。何か話しかけてくれたか? そんな気がいたしました。

 

旭東教会を愛し、黙々と仕え続けてくれた大切な方が、間もなく、姿を消します。end

 

**************

 

以下、指方信平先生のエッセイです。

 

静かなる長老

 

メラメラと燃えるような信仰、黙々(モクモク)と祈りを捧げつつ、いつも控えめに礼拝堂後方に席を取っている方がいます。ストーブ。毎年11月末、まるで「契約の箱」のように壮年たちによって大切に運び入れられ安置されます。

 

もう何十年にもわたって(私の存在以前から!)、冬から春先にかけて、私たちの礼拝を支えてくれる旭東教会の隠れた長老です。9年間(実働は4年半)一度も故障することがありませんでした。もしこのストーブがなかったら、と想像してみて下さい。

 

今や、ステンドグラスにその座を明け渡した感はありますが、それでも、「旭東教会といえばやっぱりコレ!」と言えるシンボルではないでしょうか。

 

いつしか私は、このストーブに友人のような親しみを抱くようになりました(いや、お年寄りを労わるような…か)「今日も、よろしくね~。お互いがんばりましょ~。」そんな気持ちで、日曜日の朝、ストーブの前にしゃがみこみ、じーっと給油します。

 

ボタンを押し続け「ボッ」と点火すると共に、私の心にも火が灯り、さぁ主の日が始まります。

 

※以上 引用おわりです。改行は森がいたしました。

 


礼拝を支え続けてくれたストーブのさいごの炎を記念に撮影しました。