2016年3月27日(日) № 58 『  子どもたちの〈自転車〉と教会(イースターのミニ写真館は click)  』

奥には観音院さん。瀬戸内海に繋がる川を挟んで向州公園があります。自転車と三輪車とママチャリ。どれも何気ないものながら、シミジミ嬉しいです。
奥には観音院さん。瀬戸内海に繋がる川を挟んで向州公園があります。自転車と三輪車とママチャリ。どれも何気ないものながら、シミジミ嬉しいです。

皆さま、イースターおめでとうございます!  主の復活ハレルヤ!

 

喜びの賛美が世界中の教会で広がったことと思います。

 

**************

 

さてさて、わたしたち旭東教会。

 

月曜日から金曜日までの受難週早天祈祷会を経て、早起きモードのスイッチも整えて、イースターのジュニアサークルの礼拝を近くの公園で行いました。

 

場所は裸祭で知られる西大寺観音院さんの川向こうにある向州公園。それはそれは立派なサイの像が置かれている地元の子どもたちにも馴染みのある場所です。

 

**************

 

9時始まりの礼拝に備え、スタッフはそれぞれに担当の荷物を持ったり、予定では上がっていなかったものを抱えて来ました。わたくし(牧師のもりでございます)は、8時半前に到着。幼稚園や保育園でよく見掛ける子どもたちの椅子を運んで来ました。

 

既に、公園には泰さんと光代さんご夫妻が来ておられ、ちらほらと開花し始めている桜を眺めたりしながら過ごした次第です。

 

公園内には一枚だけですけれど、大きめのブルーシートがありました。お花見のアレです。礼拝が終わった頃には、日曜朝からのお花見を楽しむグループの姿もあり、穏やかな復活祭の朝でした。

 

**************

 

適当な木立の近くに椅子を並べ待つことしばし。お孫さんのSちゃんと共に現れた清美さんが子ども連れでは一番乗り。けれども、後が続きません。

 

もしかしたら、子ども一人?  いやいや、事前に安佐子さんルートで問い合わせもあったはず、等と心の中で思いつつ、時計を見てはキョロキョロとしておりました。

 

**************

 

子どもたち向けの案内には「9時ピッタリに礼拝は始めます」と連絡していましたので、参加してくれるならばそろそろかなぁと思っていたと頃、ポツリ、ぽつりと子どもたちと保護者の方たちが姿を見せ始めました。

 

結果は、子ども12名、おとなが多分16名、ぜんぶで28名の参加と盛会でした。少ない人数でも楽しかったと思いますが、これだけ集まると、何だか、やってます見たいな気持ちになるものです。

 

**************

 

時間の制約がかなりあったこともあり、メッセージには紙芝居を準備。

 

もちろん、補足の言葉はありましたが、「イエスさま」という名前すら初めて知る子も居たはずでしたのでそれで良かったかも知れません。

 

礼拝後のイースターエッグ探しに子どもたち大いに盛り上がりました。

 

準備の仕方によって、卵さがしの楽しさの度合いがだいぶ違うかも知れませんが、よい準備がされていて、旭東教会につながっている子どもたち、大喜びで参加してくれました。

 

イースターエッグ探しは引きが強い!です、ハイ。

 

**************

 

さてさて、大きな写真は、イースターの野外礼拝に参加した子どもたちとママちゃりです。

 

ここにも写っている自転車のうち、ママチャリの手前に置かれている紺色系の自転車、このあとの、10時15分からの主日礼拝の時にも姿を見せていた直ちゃんの自転車。

 

小学校1年生の直ちゃん、実は、自転車に補助輪なしで乗れるようになったのは、この日の前日だった、ということをお昼前に知ったのです。

 

**************

 

お母さまが礼拝堂から出てくるのを待ちわびていた直ちゃん。何やらぴょんぴょん跳ねていたのですが、その後、理由がわかりました。

 

きのう、突如乗れるようになった自転車に乗りたかったのですねぇ。下のミニ写真館で自転車に乗っている直ちゃんの勇姿をご覧頂けます。

 

**************

 

夕方、ふと気がつきました。

 

そうか、直ちゃんは、これからは自転車に乗ってどこへでも元気に出掛けられる。

 

お母さんがご用でお休みの時でも、「ちょっと教会に行ってくるから」と元気に自転車をこぎ出せるんだ、と。

これまで、お母さまの車に乗ってきたのか、手をつないで歩いて来ていたのか、直ちゃんにも聞いたことがなかったのです。

 

でも、これからは、可能性としてですが、子どもだけでも教会に来られる!

 

自転車に乗れるお友だちを他にも引き連れて、教会に遊びに行こう、と言えるかも知れない。嬉しいことであり感謝です。

 

**************

 

わたくし、思いだしました。

 

小学校の低学年の頃、一旦停止等というマークも、言葉も知らなかった時に、故郷の大分県大分市の大在という村の路地から思いっきり飛び出して、車が急ブレーキを掛けて、激しく叱られたなぁと。

 

そして今思うのです。

 

早く、直ちゃんに自転車乗りの最小限のルールを教えなきゃと。

 

安全を祈りつつ、子どもたちが自分の思いで、で教会に自転車をこいで元気にやって来る日を待ちたいと思います。アーメンend

*以下、写真はclickで大きくなるだけでなく、解説?が出てきます(^^♪

 


2016年3月21日(月) № 57 『  写真で見る〈豚汁づくり〉 in  ごうどう教会学校  』

日本キリスト教団 岡山県東部地区 ごうどう教会学校 が行われました!

写真はclickを! 大きくなって説明が出てきます。ハイ。



2016年3月19日(土) № 56 『 負けました!  完敗  』

2016年3月10日(木)、祈祷会の後、おいしい炊き込みご飯をみんなで頂いたあと、疲れた様子も全くないまま絵手紙教室が始まりました。
2016年3月10日(木)、祈祷会の後、おいしい炊き込みご飯をみんなで頂いたあと、疲れた様子も全くないまま絵手紙教室が始まりました。

 

更新がずいぶん遅くなりました。

 

Blog・教会日記担当、牧師のもりでございますが、月曜日のお昼頃から、何となく体と喉が自分のものではなくなり始めました。

 

夜、37.5℃の熱。怪しいなぁ、怠いなぁと思いつつ、責任のある地区の集会にはこれではとても無理、と自覚。諸先輩に連絡。一晩休みました。

 

**************

 

そして、火曜日の朝。掛かり付けの診療所の無人の診察室で待たされること30分。

 

最初から言って下さればよかったのに、待てど暮らせどドクターも看護師さんも姿を見せず。

 

隔離でした。程なく、「インフルエンザかどうか調べて見ましょう」の声。待つこと10分。

 

「B型ですね」ということで、5日間はタミフルを服用して休むように、という指示でした。

 

あれこれありますが……ブログを書く気力が出てきました。

 

**************

 

 「負けました!」

 

インフルエンザではありません。

 

絵手紙です。

 

**************

 

今号の写真の皆さまの真剣かつ楽しげな表情。

 

どんなに、私が気合いを入れて礼拝堂の講壇に立っても、古くからの信者さんをこれ程までに真剣かつ集中させることは無理です。

 

完敗(笑)

 

書子さんの呼び掛けによって始まった、絵手紙の会。

 

これはどうやら凄いことになりそうな予感です。

 

おそらく、次回、4月7日(木)の回を、参加された皆さん、心底楽しみに待って居られるのではと思います。

 

**************

 

さすが、全国で幅広いファンがいらっしゃると聞いている絵手紙ワールドです。

 

写真は基礎の基礎、筆の使い方を書子さんから教えられて、先生のご指導にしたがって背筋もぴーんと伸ばしている参加者の幾人かです。

 

他にもお伝えしたいなぁと思う内容もありますが、今回はこれにて。

 

**************

 

おっと、下に、初回の作品の中の一枚を添えておきます。

 

こちらの「好きです」

 

描き始めた時から送り先が決まっていたどうかは不明ながら、感動のお言葉が伝わって来ました。

 

「お父さん(ご主人に)に贈った」と。

 

ごちそうさまでした。幸子さま。いやいや、本当に素晴らしい。感動です。感謝。end

 


この日のお題はピーマンとハッサクなど。幸子さんは上の写真のピンク色のお召し物がお似合いの方ですよ。お父さん、やっぱり嬉しいですよね。
この日のお題はピーマンとハッサクなど。幸子さんは上の写真のピンク色のお召し物がお似合いの方ですよ。お父さん、やっぱり嬉しいですよね。


2016年3月6日(日) № 55 『 確かに 聞こえていますよね 』*写真はclickでお楽しみを!


2016年3月6日(日) № 55 『 確かに 聞こえていますよね *写真はclick! 』


3月に入りました。この日の旭東教会の礼拝堂の大型石油ストーブ。

 

いったんは「ボッ」という可愛らしい音と共に点火してみたものの、30分後に消すことにしました。

 

そう、随分とあたたかな3月最初の日曜日でした。そして、小型の石油ストーブを3台点火。火も小さめのまま、10時15分からの礼拝をささげました。

 

**************

 

この一年、ジュニアサークルのさまざまな集いに顔を出してくれている、お母さんと4歳のお嬢ちゃんが来会。上の写真では、かわいい素足でも登場です。

 

特別な行事がある、というわけでもない平凡な日曜日でしたのでみんなが嬉しくなりました。年配の方たちの来会も嬉しいのですが、日曜日の礼拝につながってくれる子育て世代のご家族が増えることも、わたしたちのひとつの祈りです。

 

お兄ちゃんは、日曜日の午前中はサッカーの練習ということで礼拝には来ることが出来ませんでした。でも、練習を終えてから、ほっとタイムの時間に姿を見せてくれて、ノンビリと集会室で過ごしてくれました。

 

お腹がすいていたのでしょう。お煎餅をバリバリ食べていたそうです。ヨカッタよかった。彼の履いている赤色の運動靴が格好良すぎです。写真、upいたします。

 

**************

 

そんな恵みの日曜日の午後、3人の方の病院や施設へのお見舞いに声をかけ合って出掛けることが出来ました。わたくし牧師のもりでございます。

 

まずお一人は、前日の土曜日、関東方面にお住まいのお子さんが来会され、長期入院中のご家族の近況についてお知らせくださったことが切っ掛けでした。

 

赤い十字架のマークの病院に2台の車で向かい病室へ。

 

無力なわたしたちです。でも、ベッドを囲み心を合わせてお祈りしました。本当にみ言葉を読み、ただ、祈るしかないのですが、神さまが聴いてくださっていることを信じて委ねました。

 

**************

 

次は、Tさんの奥さまK子さんが6年にわたって長期入院中のお部屋です。

 

こちらの病院は、正面の壁面に大きな十字架を掲げている、正真正銘のキリスト教主義の病院です。お医者さまから、いつでも、大きな声で賛美歌を歌っても大丈夫ですよ、というお墨付きを頂いていますので、安心して一同が歌いました。

 

『こどもさんびか』から、「愛の主イェスは」という、「主われを愛す」で知られている曲をまず一曲。

 

もう一つは、ご一緒した亮子さんの(彼女にとっては衝撃の賛美歌とのことですが!)「主よ、お出でください」(クムバーヤー マイ ロード)を賛美しました。

 

賛美歌はメロディーもすごく重要なファクターですが、歌詞を深く味わいつつ、祈り心をもって賛美しました。

 

神さまにきっと届いたことと思います。そして、K子さんの心にも。

 

そう言えば、ご主人さまのTさんが、黒色の革靴でツンバッテいるご様子が目に入りましたので、これまた、写真をupいたします。

 

**************

 

三人目は、同じ、キリスト教主義の病院に併設されている施設でお過ごしのN治さんです。

 

N治さん、この日、68歳のお誕生日を迎えました。『讃美歌21』にもおさめられていますが、『こどもさんびか』にもある「かみさまに感謝」を歌いました。

 

かみさまに 感謝しましょう
ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ。
かみさまは よいものをくださった、
ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ。

 

【かみさまは よいものをくださった】の部分を、「N治さん」をくださった。そして、奥さまの「安佐子さん」をに入れ替えての賛美のささげものも出来て本当に豊かでした。

 

そうそう、Happy Birthday to you も歌いました。

 

**************

 

安佐子さん、愛するご主人さまのために、『イエスの言葉の美術館』という素敵な装幀で本当に美しいご本を、お誕生日プレゼントとして準備されていたのです。

 

最近、旭東教会の礼拝では、キリスト教の絵画を紹介しながらのメッセージを語ることもありましたので(この日もそうでした。絵画の写真を上にupしてます)、美しい絵画入りのご本をご主人のために探してこられたようです。

 

Tさんからの〈花かご〉の贈り物もあって、お部屋の中がさらに明るくなりました。

 

**************

 

幾枚か写真をとりましたが、老眼の進んでいる目では見逃してしまうところですが、生きた表情をしっかり者のカメラ君が捉えてくれていて嬉しくなりました。

 

「Blog・教会日記」には本当にその一部しかお届けできませんが、神の家族としての喜びと祝福の時、そして、祈りの交わりを持ちつつご一緒出来た時間は、澄んでいました。

 

心から感謝しています。

 

わたしたち旭東教会。真実にたいせつなものを分かち合いながら、歌い、祈りつつ前進中です。旭東教会にお出でになってくださる方、大募集中です(笑)

 

いつでも、どなたでも、お気軽にお出かけ下さいませ!end