2016年1月31日(日) №50 『 栄養満点! こころも体も温まる旭東教会の〈ひみつ〉  』

 

教会創立113周年記念日礼拝のこの日。

 

いつものように礼拝をささげ、午後の愛餐会、転入会された幹子姉の歓迎、教会セミナーと続きました。夕刻には訪問聖餐式も守られました。

 

途中、司会の泰さんが、「終わるのは3時を目標にします」と言われたときには、「長くなってみんな耐えきれないのでは」と心配した私でした(牧師のもりでごさいます)。

 

ところがであります。

 

後片づけが始まり、解散してから後の不思議な充実感と言ったらありません。すごいなぁ旭東教会!とあらためて思ったのです。

 

いったい、何がそんな力と喜びを生み出しているだろうか、と思い巡らさずにはおれません。そして不信仰を悔い改めなければなりません。

 

**************

 

朝10時過ぎに集まって来たみんな。

 

まずはもちろん礼拝です。この日は、明治36年・1903年1月31日に生まれた旭東教会の113回目の誕生を感謝する礼拝でした。

 

BEETLESの最後のヒット曲と言われる『The Long and Winding Road 』のタイトルのような教会の歩みだったというわけではありませんが、つながっている一人ひとりの人生が、旭東教会を通じて練り整えられて行ったことを想うと、感慨深いものがあります。

 

**************

 

この日の礼拝説教のはじめ。

 

子どもさんの姿が親子室に見えましたので、「お母さんと一緒に前の方に出ておいで」と案内しました。

 

マタイによる福音書の「この岩の上に教会を建てる」と言われたイエスさまのお言葉を最後に紹介。1分間メッセージをしました。

 

その時の様子が撮影されていました。その写真が今回のTOPにあるものです。

 

私が手にしている写真パネル。大正12年・1923年に献堂された礼拝堂でその時代を感じさせるお召し物ので記念に納まっている当時の関係者が写っている写真パネルです。

 

有り難いことにこういう写真が今も残っていて会堂内礼拝堂入り口の壁の上に掲げているのです。よくご覧頂けば分かりますが、今の礼拝堂はこの時の空間がたいせつに維持されています。

 

そんな旭東教会が私たちみんな大好きなのです。

 

**************

 

その後、礼拝で幹子さんの転入会式も執り行われました。他教派からの転入会でしたので、思いも新たに一同で日本基督教団信仰告白文を読みました。

 

礼拝では38年目の病を経て起こった救いの出来事がヨハネによる福音書5章より語られましたが、幹子さんにも10数年目の出来事が、この2年程の間に様々に起こり、新しい信仰の旅路を歩みだす祝いの時を迎えました。

 

幹子さんはストーリーテリングの世界でもご活躍中の方で、礼拝後の証しでは、ごくごく自然に、幹子ぶしが垣間見えて嬉しくなりました。感謝です。

 

**************

 

さらにこの日は、旭東教会が創立記念日礼拝の時に続けている、《永年信仰者祝福》の時を持ちました。

 

50年の雅代さんはご都合がつかず欠席でしたが、40年の直子さん、30年の洋子さん、信治さん(代理で奥さまの安佐子さん)、厚子さんが紹介され、祝福の祈りを合わせました。

 

ささやかですが、教会からはそれぞれの方のお名前を入れた素敵なボールペン(自画自賛(笑)・写真なしが惜しまれます)と共に、ボールペンにちなんだみ言葉をと思い、ハバクク書 2章2節~4節のみ言葉をカードに記して贈らせて頂きました。

 

主はわたしに答えて、言われた。

「幻を書き記せ。

走りながらでも読めるように 板の上にはっきりと記せ。

定められた時のために もうひとつの幻があるからだ。

それは終わりの時に向かって急ぐ。人を欺くことはない。た

とえ、遅くなっても、待っておれ。

それは必ず来る、遅れることはない。

・・・・・・神に従う人は信仰によって生きる。」

(ハバクク書 2章2節~4節)

 

愛餐会の時に、それぞれの方の喜びの言葉もお聴きしました。中には、「今年は、聖書通読を新たあらためて始めました」という方も居られ、一同大いに刺激を受け励まされた次第です。

 

**************

 

愛餐会は旭東教会では《伝統のかけ汁》という呼び方で長年親しまれている、栄養満点のお食事を頂き、一同、文句なしに幸せ感いっぱいでした。

 

この《伝統のかけ汁》、一般には「ふな飯」と岡山では呼ばれているものです。

 

岡山市内には、児島湖流域の興除(こうじょ)、藤田、妹尾(せのお)、灘崎地区。そして、倉敷市内では高梁(たかはし)川流域の船穂(ふなお)町地区などで古くから“家庭の味”として親しまれて来たようです。

 

あるレシピに依れば、4,5人分ですが、フナのミンチ200㌘、ニンジン200㌘、ゴボウ1本、ネギ2本、油揚げ1枚、レンコン1節、コンニャク2分の1枚、出し汁5カップ、醤油・みりん・塩・砂糖で作るものです。

 

旭東教会が用意したフナのミンチは3㎏とのこと。

 

岡山市内の川魚専門店の光吉商店さん」(←clickでお店のHPへ)から仕入れたものです。丁寧に炒めると臭みは全くなく見事なお味。

 

なお、今年の出し汁には、利尻昆布の特製お出しが惜しみなく投入されたはず。森牧師が北海道は稚内から運んで来て徐々に力を発揮しつつあります。

 

来年の1月最後の日曜日、ぜひ、旭東教会にこれを食するためにお出かけ下さいませ!

 

**************

 

愛餐会後の「教会セミナー」では、各自の愛唱賛美歌と愛誦聖句のアンケートを事前にとり、泰さんの丁寧な準備のもと、一覧にして見ながら分かち合いの時を持ちました。

 

泰さん、B4版の用紙3枚になった大作。お疲れさまです。

 

み言葉と讃美歌や聖句をめぐる皆さんの思いはとても深く・熱く、聴いていて少しも飽きることがありません。

 

一度聴いたら忘れられない、という程のインパクトがあった方も少なくなく、あれこれ考えさせられた次第です。

いのちの泉の水のように湧き溢れる信仰のことばは、また、時をあらためて聴かせて頂くのがお互いのために良さそうです。

 

**************

 

栄養満点なのは、どうやら、伝統のかけ汁だけではなく、み言葉の力を土台に、旭東教会ならでの形で備えられている様々な恵みだったのだ、と分かりました。

 

こんな旭東教会です。

 

ぜひ、あなたもご一緒して下さい。神さまが備えて下さっている驚くべき不思議なみ業にきっと気がつく日が来ると思います。楽しく分かち合いましょう!end

 

*下にミニ写真館を設けています。写真をclickするとコメントもお楽しみ頂けます。



1/31(日)教会創立113周年記念日のミニ写真館 clickで 大きくなります

2016年1月24日(日) №49 『 富山県から岡山市に導かれた《清美さん》へのインタビュー(礼拝)  』

手前が清美さん。右側がインタビューアーの安佐子さん。旭東教会ジュニアサークルでは、二月に一度位のペースでインタビュー礼拝の時間を持っています。
手前が清美さん。右側がインタビューアーの安佐子さん。旭東教会ジュニアサークルでは、二月に一度位のペースでインタビュー礼拝の時間を持っています。

朝9時に始まるジュニアサークル。

 

この日は〈清美さん〉をお迎えしての《インタビュー礼拝》の時間でした。

 

実は、子どもたちの姿はゼロ。

 

でも、そんなことは気にしない旭東教会です。

 

集ったおとなの方だけで、じっくりと清美さんのお話に心傾けました。

 

**************

 

清美さんは19歳の頃、東京のカトリック教会に通われ受洗。さまざまな導きを経て、旭東教会に辿り着かれてからは既に40年以上が経っています。

 

インタビューアーは安佐子さんでした。

 

**************

 

「地獄に落ちたらたいへん」

 

富山県の新湊(しんみなと)で育った清美さん。

 

いつもおばあちゃまと寝ていたそうで、おばあちゃまが「悪い子は地獄に落ちるのよ」と言われたかは定かではないにせよ、あることが幼い頃から、ずーっと恐かったと言われました。

 

それは「死ぬこと」だったそうです。

 

**************

 

そんな清美さん。

 

お友だちのお誘いを受けて、最初は東京のカトリック教会へ行かれたそうです。

 

そして、オーソドックスに【公教要理(カトリック版のカテキズム)】を学ばれ、受洗へと導かれたとのこと。

 

カトリック教会には多くの場合、十字架に磔(はりつけ)にされたイエスさまの像がおかれています。

 

そのイエスさまのお姿が洗礼を受けた頃にぴったりと重なってみえて、「このお方によって救われたのだと、少し安心しました」と言われました。

 

死の恐怖を乗り越えられたのですね。

 

**************

 

なるほどですねぇ。

 

ストン、と心の奥深くに届く言葉でした。

 

その後【告解】という、これまたカトリックならではの、罪のゆるしの秘蹟をめぐり、立ち止まって深く考えたい、と思う経験をされたそうです。

 

神さまのお導きにより、西大寺出身のすばらしい伴侶が与えられて岡山へ来られて、旭東教会での信仰生活がここまで続いています。

 

**************

 

好きなみ言葉は?の問いには、マタイによる福音書28章20節をあげられました。

 

【28:20 わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる】

 

「いつもあなたがたと共にいる、というのが、今振り返ると、ずーっとそうだったなぁ思っています」

 

と清美さん。

 

**************

 

実はわたくし(牧師のもりでございます)は、そのあとの言葉に打たれました。

 

と言いますか、わたしがいつも思っていることと同じことを語られたのです。

 

深く共感いたしました。

 

「マタイの28章20節のみ言葉を読んで頂きましたが、毎週教会に来て、礼拝の中でみ言葉が与えられますねぇ。それに思うことがあったり、気付きが与えられたりします」と。

 

わたしは牧師ですが、語る者としてもほとんど同じ気持ちです。

 

**************

 

「究極、主の十字架によって私たちの罪を贖(あがな)って下さった神さまから離れないようにということがいつもあります」

 

と語られた清美さん。

 

お好きな讃美歌は、お子さんと一緒に歌っていたという『こどもさんび』より、133番の「かなしいことがあっても」をまずあげられました。

 

そして、34番の「キリストのへいわ」も大好きとのこと。

 

**************

 

たくさんの笑顔と共に語ってくださった清美さんの信仰の旅路に、一同、心なごむめぐみを豊かに頂きました。

 

そして、なんだか、すごーくおおきな安心を頂いたように思います。

 

それはたぶん、わたしだけではなかったと思います。感謝でした。end

 



2016年1月17日(日) №48 『 真冬でもあったか 旭東教会の日曜日(ミニ写真館付) 』

この日の旭東教会。くわしくは下の方の《ミニ写真館》でと思います。

 

早朝の礼拝堂の温度は2℃でした。うーんだいぶ冷え込みました。

 

そして、礼拝が終わった頃の温度は16℃。

 

えーっ、そんなに低かったのかぁ、とわたくし(牧師のもりでございます)思いました。

 

**************

 

礼拝が終わった直後、前方のお席に座って居られた、幹子さんに「寒くなかったですかぁ?」とわたし。

 

すると、キョトンとしたお顔の幹子さん。

 

なるほど、寒さなんて少しも感じなかったのですね。

 

**************

 

「冬の礼拝堂の温度設定目標は20℃にしましょう」

 

そんな提案が教会内のとある会議であったのは数日前のことでした。

 

「そうかぁ、20℃か」と思いました。以来、《20℃》が心の片隅に。

 

でも、16℃でもあたたかな気持ちになれる旭東教会だった、と気がついた豊かな日曜日だったのです。

 

さーて、その秘密はどこにあるのかしら。

 

**************

 

ミニ写真館を設置しました。あとは、写真をclickして頂いてお楽しみ頂こうと思います。

 

じーっとして居るだけでも何だか居心地のいい旭東教会。

 

教会に来るのが楽しみな旭東教会。

 

たくさんの美味しい笑顔と、おだやかで自然な笑顔のある、真冬の旭東教会をお届けできれば嬉しいです。

で、どんなことがあったのか!

 

**************

 

一応、大筋を申し上げると、こんな日曜日。

 

■冬のファミリー礼拝・・・・・・子どもたちとの合同礼拝

■恒例・お餅つき・・・・・・あん餅入りのお雑煮新登場

■グリーンシネマ・映画上映会・・・・・・フィンランド映画『ヤコブへの手紙』

 

まだ、一度もお目になかったことのないあなたも、いつかご一緒いたしましょう!

 

では、写真をclickしてお楽しみを。

 

旭東教会のナルホドの奥義?がわかるかも知れませんよー(^_^)ノ

 


下のミニ写真館・clickすると楽しくなります!絶対にオススメです(^^♪


ミニ写真館はclickしてみてください!たのしいコメントがありますよ(^^♪


2016年1月10日(日) №47 『 二つの大切なアンケート実施中! 』

旭東教会の1月10日(日)現在の受付の様子です。右上にある点字カレンダーについてもBlogで案内中(^^♪
旭東教会の1月10日(日)現在の受付の様子です。右上にある点字カレンダーについてもBlogで案内中(^^♪

こんにちは、旭東教会です。

 

今週の写真は旭東教会の玄関を入ってすぐのところにある、受付のテーブルの様子です。『週報』も目に入ります。

 

それから、東京の某ホテルからお送り頂いている点字カレンダーもあります。

 

ちなみに、このカレンダー。ホテルの取締役総支配人さまへ、お礼状をお送りしたところ、太っ腹にも、少し大目に先頃送って来てくださいました。

 

ですので、ご希望の方が居られましたらプレゼント出来ます、はい。先着順でお分か出来ますので、ご連絡くださいませ。

 

**************

 

さてさて、ただ今、旭東教会では二つのアンケートを実施中です。

 

回収箱が置かれていて、写真をじっくりご覧頂くとその中身がお分かりになると思いますが、少々ご紹介をと思います。

 

**************

 

まず第一に、手前のお菓子のカンカンを使って回収中なのが、「2016年度教会活動奉仕について」のものです。

 

これは富雄さんが中心となって進められています。

 

毎年この時期に行われている慣例のものですが、2月に、「旭東教会みんなで語ろう会」(この名前は清美さん提案のgoodなネーミング!)の名のもと、思いも新たに助け合って進んで行きましょう、というものです。

 

さまざまな奉仕がございます。

 

**************

 

アンケート用紙は写真にはありませんが、その用紙をよく見ると、中身は①②③④と分かれています。

 

①は【礼拝関係】の分類のようです。

 

「会堂清掃」、「受付」、「礼拝奏楽(年に1回でもOK)」、「献金袋、冊子を席に配布 9時30分頃~」そして、「上記いずれの奉仕もできません」と書かれています。

 

いずれかに〇印を付けること、複数可能とあります。

 

**************

 

②は【様々な奉仕】という感じです。

 

「愛餐会食事準備」「愛餐会司会」「ジュニアサークル・リーダー」「信徒の友・こころのとも担当」「墓地清掃・草抜き・剪定」「会堂生け花」「会報緑の牧場編集委員」「ほっとタイムの珈琲準備」「説教題掲示」「説教等テープ管理」「ストーブ給油」「図書の貸出・管理」「写真・アルバム整理」「小規模教会支援教会強化献金担当」「隠退教師を支える献金担当」「葬儀会場設営」「葬儀受付・献花係」「ご高齢の方の送迎」「その他の自主的奉仕」

 

**************

 

③は【お伺い】とあります。

 

「証し 礼拝後などに短時間」「家庭集会自宅開放」「信徒立証(10月信徒伝道週間他)」

 

④【要望】がありましたら記入してください

 

となっています。

 

以上が、1月末締切の旭東教会のひとつのアンケートというわけです。

 

**************

 

わたくし(牧師のもりでございます)が作成した用紙ではなかったので、あらためてkeyboard入力してみてよかったと思います。わたしは軽く目を通した程度でした。

 

このような奉仕が活発になされて行くようになれば、教会は元気が出てくると思います。

 

もしも、牧師の立場でお願いがあるとしたら(どちらの牧師でも同じかと思いますが)、「先生、何かお手伝い出来ることがありましたら、いついつでしたら時間がありますからご一緒します」というような心遣いがあるだけで、〈勇気と元気百倍〉という感じです。

 

実際、すぐに頼めないヤヤコシイこともありますが、すごーく元気付けられます。時々、そのようなお言葉を頂き感謝しております。

 

**************

 

さて、二つ目のアンケート。

 

素敵な真っ赤な箱が後ろに立っていますので最初に目が行くかも知れません。

 

「私の愛唱さんびか 愛誦聖句」のアンケートです。

 

教会セミナーという時間を、来たる、1月31日(日)、教会創立113周年記念日の礼拝を守る際に、午後の愛餐会と合わせて行います。

 

セミナーと言いましてもむつかしいお勉強の時間ではないのです。

 

教会につながる者同士の交わりを深め、みんなが上向きな心で元気に行く切っ掛けとなることを願っての会です。

 

**************

 

「私の愛唱さんびか 愛誦聖句」

 

もちろん、ご自身の葬儀という段になった時に教会としても役立ちますが、そのことを第一に考えての企画ではありません。

 

「あー、〇〇さん、この賛美歌が好きなのねぇ」ということが分かるのは、確かに嬉しいことなのです。

 

かつてわたくしが仕えてまいりました教会では、配布される教会名簿に、誕生日、受洗日の他に、愛唱賛美歌が記録されていることがありました。

 

『1954年版 讃美歌』『讃美歌第二編』『讃美歌21』『新聖歌』ほか、どのような歌集からでももちろん大丈夫です。

 

いつの間にか、新年度も視野に入れる時期に入っている旭東教会です。

 

教会セミナーで分かち合う「私の愛唱さんびか 愛誦聖句」のアンケートの締切は、少し早めの来たる1月17日(日)。担当は泰さんです。

 

**************

 

さてさて、どんな教会創立113周年記念日の午後になりますか、とーても楽しみですね。

 

もちろん客員の方、それに準ずる方もお仲間入り頂き、大いに盛り上がりたいものです。

 

来たれ旭東教会へ! まだ出会っていない皆さまとの出会いも心待ちにいたしております。end

 



2016年1月3日(日) №46『 先生、今の時代 こんなところ他に無いんよ 』

笑顔特集 新年礼拝の日曜日の旭東教会です

上の写真 ぜひ クリックしてお楽しみ下さいませ 何がこんなに可笑しいのかな


謹賀新年

 

2016年も開けて早くも6日です。1月3日(日)新年礼拝を捧げた旭東教会の様子をご報告いたしましょう。

 

そう言えば、イエスさまがお生まれになったと思いきや、2月10日の水曜日から早くも受難節が始まる、という青山学院駅伝部並みのスピードの2016年です。

 

遅くなりましたが、今年もBlogの書き手としてご奉仕させて頂く、わたくし、牧師のもりでございます。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

**************

 

さて、そうだなぁ、まことにアーメン、と思って耳を傾けた言葉が、礼拝後のお茶の時間=ほっとタイムでありました。

 

それが、艶子さんが口にされた次の言葉です。

 

「先生、今の時代、子どもからお年寄りまでが一緒になって集まるところなんて、教会しか無いんよ」

 

佐賀県出身の艶子さんらしいハッキリ、クッキリ、きっぱりのお言葉でした。

 

**************

 

まことにそうなのです。

 

艶子さんの言葉がどんな文脈で飛び出してきたのか、実は不明です。

 

偶然顔を合わせた瞬間に、このような言葉をお聴きしました。

 

何かをするということ以前に、一緒に居ること。本当に大切なことです。

 

そして礼拝がそのような場になることは理想です。

 

そう言えばわたくしも、ある日の礼拝説教で「日曜日の朝早くから、いい歳した大人(おっさんだったかな)が、大きな声で歌っているのは、教会位しかありません。カラオケでもこの時間は無理でしょ」と口にしたことがあります。

 

**************

 

もう一つ、言われてみたら本当にそうだ、と感じた言葉がありました。

 

旭東教会には笑顔が多い。というか、笑っている人が多いというお話です。

 

これもアーメンです。これは、上の写真でご覧頂いている通りです。

 

ある牧師が語った言葉ですけれど、礼拝説教で泣く人は多いけれど、笑わせるのはかなりムツカシイ、というのがありました。

 

**************

 

しかし、どうも旭東教会は違うようです。

 

さすがに礼拝時の笑いの場面のシャッターチャンスを逃さないというのは至難のわざです。

 

が、お茶を飲みながらでも、受付でも、教会を後にするときも、笑顔が多いと思います。

 

**************


聖書の中でイエスさまが泣いておられる姿はあります。

 

怒っておられる場面もあります。

 

ただ、聖書のみ言葉として、イエスさまが笑って居られる、という箇所は御座いません。

 

でも、やはり車座になって、罪人たちと食べて飲んでということが想像できる場面で、イエスさまが笑ってないなんてことはあり得ません。

 

また、ルカによる福音書8章の冒頭で、女性たちが生き生きと奉仕している姿が描かれています。

 

わたしには、彼女たちとイエスさまとのやり取りが想像されるのです。そして、その場面、笑い声が絶えない。

 

そういう雰囲気が濃厚なのです。

 

**************

 

喜怒哀楽があらわになることは大切です。人間らしいというのでしょうか。

 

感情表現が自然であれる教会。それが今の旭東教会ではなかろうか、と思う次第です。

 

そう考えますと、2016年の旭東教会は、そういうことを益々大事にしていきたいものだ、という結論に今日のBlogは至った次第でございます。

 

**************

 

わたしが大事な先生と考えている方のひとりに、K百合さんという方が居られます。歳はわたしとさして変わりません。

 

この方の、あるひと言が忘れられないのです。

 

「森さん、人間、持ったらいけない感情はないのよ。どう思おうと、どう感じようと、それは自由。ただし、それを周囲の人にあらわにするかどうかは別としてよ」

 

こういう意味の言葉を、数年前のとある場面で、個人的に語って下さったのをハッキリと記憶しています。

 

これを聞いたわたくし、本当に楽になったのです。

 

**************

 

旭東教会は繕わない教会です。そして、あまり飾らない教会。

 

これ、配慮がないということではございません(笑)

 

でも、あなたがあなたで居られて、私がわたしで居られる。

 

すごく大事なことです。

 

(礼拝を大事にする、というようなことは当然のこととして)

そういう旭東教会としての日常も、このBlogを通してお伝えしていければ幸いです。

 

どうぞ、皆さま、お気軽に旭東教会にお出かけ下さい。

 

どの集いにもご一緒して下さい。こころより歓迎いたします。end