2015年6月28(日)NO.18 『  「不思議」は「みわざ」 八重子さんの転入会! 』

2015年6月28日の礼拝にて 八重子さんの転入会式が執り行われました。式が終わるに際して、牧師と八重子さんの握手です。
2015年6月28日の礼拝にて 八重子さんの転入会式が執り行われました。式が終わるに際して、牧師と八重子さんの握手です。

人の思いで考えると「不思議」なことも、神さまのなさることと考えれば素晴らしい「御業」。


八重子さんの転入会式を終えて数日後の今感じることです。


八重子さんが旭東教会の礼拝にお出でになったのは、4月5日のイースター礼拝でした。その日から3ヶ月の時を経て、すーっと旭東教会の一員になられたこと。


ただただ、神さまに感謝しかありません。


**************


八重子さん


約3年前に召されたご主人様と共に、今は神戸在住で西大寺育ちの娘さんのお祈りとすすめを素直に受けとめられて、イエスさまをキリストと信じる信仰の歩みを始められたのでした。


この時、ご主人様は余命数ヶ月の状態でした。そして間もなく召天。


ひとり岡山の地に残された八重子さん。


安心して通うことができる教会をお探しだったのですが、神さまの不思議な御業により、押し出されるようにして旭東教会の復活祭の礼拝にお出でになったのです。


**************


日曜日毎に欠かさず礼拝にお出でになった八重子さん。


歓迎の茶話会の席で、「旭東教会に来るとうれしい気持ちになるんです」と、皆さんの前で教えてくださいました。

なんと素晴らしい信仰の告白でしょう(*⌒▽⌒*)


あたたかな風が吹くように拍手が起こりました。


**************


写真は礼拝の中での転入会式を終える時のひとこまです。


カメラマンさんがステキな瞬間をとらえてくれました。


うーん、この写真は本当に見事!


**************


八重子さん


わたくし(牧師のもりでございます)とお話しする中で、「安心しました、これで長生きできそうです」と笑顔で語られたのは、転入会前日の夕暮れ時のことでした。


ずっと気に掛かって居られたことをふとしたことがきっかけで言葉にしてくださったので、「かくかくしかじかですよ」とお伝えしました。


すると満面の笑顔で、「安心しました、これで長生きできそうです」とおっしゃったのでした(^^♪


その時、新約聖書のペトロの手紙一より【5:7 思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです】をご紹介。


そして、祈りを合わせました。


**************


6月28日の礼拝説教は『旭東教会による福音書を』という題が掲げられていました。


旭東教会の新たな福音の物語の展開が、八重子さんの転入会と共にはっきりと示されたように感じました。


いつかこの賛美をみんなでほんとうに輪になって歌いたいと思っています。


おどれ輪になって、
リードする主とともに
福音の喜びへと
招かれた者はみな
(讃美歌21 290番「おどり出る姿で」より)


八重子さんも踊る姿が目に浮かびます(^^♪end




2015年6月14日(日)NO.17 『  これって画期的? 教会PCでホームページを見るの巻き  』

2015年6月21日(日)の礼拝後、集会室の入口付近、森牧師がすわって説明しているのは、旭東教会のホームページについてです。ついに、教会の皆がいつでも気楽にみることが出来る環境になりました。Wi-Fiの無線通信環境が整い、パソコンを集会室にも設置しました(^^♪
2015年6月21日(日)の礼拝後、集会室の入口付近、森牧師がすわって説明しているのは、旭東教会のホームページについてです。ついに、教会の皆がいつでも気楽にみることが出来る環境になりました。Wi-Fiの無線通信環境が整い、パソコンを集会室にも設置しました(^^♪

 お父さん、お母さん。インターネットとかメールとか、騙されると大変なことになるから、もうパソコンは止めなさい。

 

こんな風に、遠くで暮らして居られるお子さん方から言われると確かに心配です。それがきっかけで回線を閉じるというのは納得できます。

 

一方で、年齢に関わらずかも知れませんが、体を思うように動かすことが出来なくなったら(いえいえ、元気でも、若くてもなのですが)、手数料は掛かっても、インターネットを利用したお買い物が便利だというのも本当のことです。

 

**************

 

諸刃の剣とまではいきませんが、よいことと、ちょっとどうかなぁという両面があるのがインターネットですね。

 

とは言え、イエスさまが天に昇っていかれる前に福音宣教の使命を弟子たちに委ねられ、聖霊の力に導かれ、それが今も面々と続いていると考えることが出来ます。

 

そうであるならば、インターネットを用いての宣教活動にも努力をしてみなさい、というのが神さまの要請でありみ心のようにも思います。

 

**************

 

さてさて、前置きはここまでにいたしまして、これって、もしかして画期的かもという出来事が旭東教会で起こりました。

 

これは私たちの教会の歴史年表に残すべき出来事かも知れません、真面目にです。

 

少し気の利いたホテル等ではロビーに自由に使えるパソコンがあります。

 

あるいは、有料で使えるパソコンのお部屋があったり、ノートパソコンをお部屋にレンタル、ということが出来るのが今の時代です。

 

では、教会はどうかしら、ということで、とにかくまずは始めてみて、課題に気がつけば素直に反省をして、受けとめて、それから問題解決に努めよう、ということで動き始めました。

 

**************

 

冒頭にも記しましたことも含め、スマートフォンやパソコンを誰もが自由にお宅で使えるわけではありません。

 

福音のために、とせっせとホームページを更新いたしましても、みたくても、触れたくても、それは永遠に無理な話、ということが伝わって来ては、悲しいですし、すこしも嬉しくないのです。

 

この度、どーんと、23.6インチの大型(集会室は広いので小さく見えますが)のモニターを設置いたしまして、旭東教会のホームページを紹介しているのが本日の写真であります。

 

**************

 

九州は長崎県のとある教会の先生が、教会でパソコン教室を開いたというお話を聞いたことがあります。

 

ま、とてもそこまでは今のわたしたちには出来ませんが、せめて、週報の片隅に紹介しているホームページの更新情報が、教会に来れば少しの努力や誰かの助けを借りれば見ることが出来ます、という状態になったことをお伝えしているところです。

 

集まったのは7名。

 

遠巻きにご覧になっていた方も居られたと思います。当然、一定のセキュリティや使用制限等々ございますが、こうして、ごく自然に、この日の礼拝出席の割合から考えればかなりの方たちが参集されたことは率直に嬉しいことでした。

 

画面の真ん前にすわっておられる、頭部が美しく輝いている男性の姿があります。


もしやペトロかヨハネか、それともモーセか・・・・・・ではありません(笑)

 

1959年~1991年迄の長きにわたって旭東教会の牧師としてご奉仕くださった第14代牧師の脇本寿先生、今年95歳のお姿もあります。

 

教会の歴史の部分ですとか、西大寺発見!の中の町並みのこと、安全対策などについてもご質問くださったりして感謝でした。

 

**************

 

情報の格差というようなことが教会の中で生じてしまうのはとても辛いこと。

 

これまでもBlog・教会日記を印刷したものを掲示してきましたが、これからは、ゆっくりと時間を掛けて、このパソコンを有効に、旭東教会らしく使うことが出来ればと願っているのであります。

 

つい先頃、教会の歴史を記録していくために「写真箱」を設置して、プリントしたものを、どうぞ、こちらに入れてくださいませ、ということを始めたばかりでした。

 

が、このように、集会室にパソコンを設置したことで、パソコン本体とか、どこかの、空中倉庫(Dropbox等のことです)に旭東教会の写真データの箱を設けるということも、そう遠くないうちに出来そうです(この部分、業務連絡も含みます(笑))

 

では本日はこれで失礼いたします。ご機嫌よう。end

 



2015年6月14日(日)NO.16 『  お腹も心も満腹の〈 花の日 〉in 旭東教会  』

2015年6月14日(日)は日本キリスト教団の「花の日」です。ジュニアサークルの礼拝後、教会玄関付近でお花を植える作業が始まりました。日が沈むまでとても豊かな日曜日となりましたよ!
2015年6月14日(日)は日本キリスト教団の「花の日」です。ジュニアサークルの礼拝後、教会玄関付近でお花を植える作業が始まりました。日が沈むまでとても豊かな日曜日となりましたよ!

 

写真は、JC(ジュニアサークル)の礼拝後、JCのスタッフのみならず、日頃から花壇のお世話をして下さっている皆さんも交えて、お花植えが始まったところです。

 

JCのリーダによる、お花植えの発案、本当に素晴らしい企画だと思います。自画自賛いたします。

 

だって、教会前を通りゆく方たちが、心の中でこうつぶやくのがやがて聞こえるかも知れません。

 

「ほう、きれいなお花じゃなぁ」「あっ、ここは教会じゃった」

 

なんて感じでしょうか。

 

お水やりを忘れないように、わたしも(牧師のもりでございます)頑張らねばなりません。

 

**************

 

この日、礼拝後には「カレーを食べる会」が開かれて、礼拝で心が満たされのと同様、お腹もふくらみました。

 

集会室が、まるであたたかなカフェテリアのようになっていました。

 

おかわり自由のビーフカレー。サラダ、さらには、小さなクッキーと珈琲・紅茶付きです。

それで、ななななんと、今どきOneコインの500円!

 

いいんですか?本当に、という感じの食卓でした。

 

その後、毎月一度の定例の会議が16時頃までおだやかーに進んだのも、この美味しいカレーのおかげだったのでは、と今になって気がつきます。

 

**************

 

会議終了後の16時15分頃。

 

病院や施設でお過ごしの方たちの訪問に、少し大きい車をお持ちの健さんのご厚意に甘え、6人で乗り込んで出発です。他に、母と娘のご家族二人もご一緒してくれました。

 

この日は、信治さん、勝子さん、綾子さん、純二さんのお部屋を、それぞれ訪問。

 

お花は手にはしませんでしたが、『こどもさんびか』を携えて、歌い、祈り、おしゃべりをしての楽しい時間でした。

ベッドの上でお部屋に迎えてくれた皆さんは、お話を十分に出来る状態ではありません。

 

でも、手を取り合って祈っていると、言葉では言い尽くせない何かが感じられるから不思議です。

 

**************

 

19時過ぎ、西大寺に戻ってきた一行は、既に腹ぺこ。これから家に帰って夕食、というのはちと厳しい状況でありました。

 

しかーし、この日は、訪問に同行してくれていた93歳のきくちゃんが、「うどん屋さんにいきまひょ、きょうはわたしのご馳走じゃ」と小さな体に似つかぬ、超太っ腹宣言!

 

玉壺さんという、旭東教会とはふかーい繋がりのあるおうどん屋さんにみんなルンルンで参りました。

 

「お腹いっぱい食べてよろしい。わたしはこういうのが好きなんじゃ。おかあさんはなぁ」等ときくちゃんは仰るのです。

 

ご本人は何にも口にせず、ただ、みんなが食べる様子をみては、嬉しそうです。

 

「もう、いいんか。天ぷらがあそこにあるよ」と声をかけ続けてくれたのでした。

 

**************

 

日曜日の夜。家に着いたのはそれぞれ20時頃だったのではと思います。

 

ルカによる福音書24章のエマオの食卓にお姿を見せられたイエスさまが、実は、我ら旭東教会の珍道中にも途中からご一緒して下さり、玉壺さんのおうどんの食卓にも居られた、と気付いたのは今頃です。

 

イエスさまゴメンナサイ。

 

他にも、久しぶりの方の来会、森牧師の前任地稚内教会の利尻昆布バザー取り扱い開始等々、とっても豊かな日曜日となりました。

 

幸せ感に包まれた日曜日の夜を迎えましたが、そう感じたのは、わたしだけではなかったはずであります。神さま、ありがとうございました。end

 

 



2015年6月7日(日)NO.15 『 《おとなの》たこ焼きパーティー in 旭東教会  』(ミニ写真館付)

真ん中の紺色のカーディガンの方が「たこ焼きの師匠・げんさん」です。右側の白いカーディガンのお方が薫さん。じっと見守る白シャツの二人。手前ボーダーのTシャツはこんぶ水の伝道師美樹さん。焼き方について教えを乞うているところ、かな?
真ん中の紺色のカーディガンの方が「たこ焼きの師匠・げんさん」です。右側の白いカーディガンのお方が薫さん。じっと見守る白シャツの二人。手前ボーダーのTシャツはこんぶ水の伝道師美樹さん。焼き方について教えを乞うているところ、かな?

総売上3,300円。なんと可愛らしい売上高でしょう。

 

「ままごとでも、もう少し」なんて声も聞こえてきそうですが(笑)

 

いいのです、この売上で。

 

旭東教会の皆さんはおとなですから。オトナです。子どもではありません。

 

**************

 

礼拝後ののんびりとしたいつもの空気とは違って、にわかに活気づく、集会室のほっとタイムの空間。

 

回し方も止め方も忘れられていた換気扇が回り始め、何やら焼ける匂い。そしてひと・ひと・ひと・ひと・ひと・・・・・・はかなりオーバーですが。

 

でも、いつもなら香り高く美味しいと評判の煎れたてのレギュラー珈琲(無料)に全く見向きもしない行列(過剰な表現です)だった。

 

・・・・・・『旭東教会による福音書』には記録しませんが、それは真実です。ただの水道水のほうが喜ばれた午後でありました。

 

**************

 

前振りが長くなりました。

 

そう、3,300円の売上は、ひと皿100円なりの旭東教会特製たこ焼きの売り上げでございました。ということは参加人数もうかがわれます。お土産を持たれた方もいらっしゃいましたが。

 

前日に行われたジュニアサークルの子どもたちとのたこ焼きパーティーの続編が、いつのまにか、本編になってしまいました。

 

たぶん。

 

**************

 

早くも、7月19日(日)「夏のファミリー礼拝」の後には、ミニサマーフェスティバル(要するに「夏祭り」なのですが)であれやこれやの出店をやろうじゃないか、という話まで膨らんでいます。

 

たこ焼き、フランクフルト、果汁100%搾りたてfreshジュース、綿菓子、アイスクリーム、そうめん等々。やります、7月19日(日)です。

 

あ、AKB48の恋するフォーチュンクッキーの踊り指導を、旭東教会平均年齢○7歳のレベルに合わせて指導してくれる若者が居りましたら、近隣の高校生、中学生、小学生よ!来たれ旭東教会へ。7月19日にご指導願います。

 

**************

 

わたくし(相変わらず、万年売れない作家の牧師のもりでございます)、お世話になった言葉少なの厳しい牧師から、かつて、ご指導頂いたことがありました。

 

というか、うーんなるほど。深い!いつか使うぞ!と教えられた言葉があったのです。

 

「できるのにしないのはイケマセン」「賜物は隠さないように」と。

 

実に、4月26日(日)に行われた旭東教会の教会総会でもこの言葉を、確か議事の流れの中で語ったような気がしますが、もはや定かではありません。

 

**************

 

というわけで、昨日6月7日(日)の午後、旭東教会112年の歴史の中で、たぶん初の、紳士淑女達がニコニコ笑顔で、和気あいあい、良い子になって並んで列をつくっていたのです。

 

「たこ焼きまだのひとー!手を挙げて下さい」の声に、「はい、はい、はい、はい、はい、はい」。とてもよいお返事しか聞こえませんでした。

 

奥の方の部屋で牧師就任式の打ち合わせ会が始まろうと言う時にも、たこ焼きの前から動けなくなっていたお方も居られた模様。


会議の開催に支障を来していた、というのも、まんざら根も葉もない噂ではない、というのがその筋からの情報であります。

 

**************

 

牧師のわたくしも「げんさん」ですが、旭東教会には人生の大先輩の「げんさん」が居られます。

 

お写真ご覧下さい。

 

TOPの写真のように貫禄十分。満をじしての登場でございます。〈旭東教会たこ焼き組〉をこれから間違いなくリードして下さるのではと思いますし、各地の祭りで巡業しておられたのでは、という空気すらありました。

 

そう、神さまからの賜物が引き出された瞬間です。

 

そっと寄り添い、貫禄の「げんさん」をしっかりサポートするのはお連れ合いの薫さん。

 

実に見事な呼吸で、隣人の存在をほぼ忘れ、落ち着きを失っていた空間をコントロールして下さっていたのは、このお二人の存在だった、という考えに賛成の方、挙手をお願いしまーす。

 

はい、異議なしと認めます。

 

**************

 

誤解のありませんように、わたくし、み言葉に仕える牧師として申し上げなければなりません。

 

このようなたこ焼きパーティーが始まります25分ほど前迄は、40人を少し越える礼拝出席者の方々。真実で豊かな礼拝をご一緒に捧げておりました。

 

**************

 

とは言え、この日の礼拝説教。

 

礼拝は祝宴だぁ! というのも結論だったように思われます。

 

ですから、一同、げんきづきました。ミッションを発見したのです。

 

そうだ、少しばかり無理をしてでも、われらの宴会へ、奥の方の忘れかけている小道にまで出向き、柵が置かれている所からも人々を招かなければ、と。

 

その予行演習が始まったのがこの日曜日の午後のたこ焼きパーティーでございました。

 

次の会には、あたらしいお仲間を迎えてのたこ焼きパーティーの宴が広がること、間違いない。

そう考える次第であります。アーメンend

 

**************

 

●追伸 旭東教会のたこ焼きの美味しさのヒミツは、お粉をといている「利尻昆布を使った〈こんぶ水〉」にあります。森牧師が前任地の稚内教会で、日夜、日本一の昆布牧師となるべく、研鑽を積んでおりましたので、その涙ぐましい努力が、ここに結実であります。

 

※解説は書きませんが、以下、ミニ写真館を開設します。是非clickをと思います。紳士淑女の元気な様子がいっそう際立つこと保証いたします。はい。




2015年6月6日(土)NO.14 『 たこ焼きパーティー  in  JCサタデー  』(ミニ写真館付)

2015年6月6日(土)のジュニアサークルサタデーで行ったたこ焼きパーティーです。子どもも大人も笑顔になるたこ焼きには不思議な力があります。
2015年6月6日(土)のジュニアサークルサタデーで行ったたこ焼きパーティーです。子どもも大人も笑顔になるたこ焼きには不思議な力があります。

5月31日(日)の夕方。もう一週間前のことです。

 

健(たけし)さんと直子さん、そして、美樹さんとわたくし(牧師のもりでございます)の二組の夫婦。

 

とある特訓を集会室でいたしておりました。

 

その日は、礼拝が終わってから、初夏の《大そうじ》をということで、会堂や集会室のワックス掛け、さらには、お台所のお片付け、そしてそして、外回りの整備。

 

もう一つ、暖房器具をしまうために入れ替わりで倉庫から扇風機を取り出して・・・・・・という時間を持ちました。

 

平均年齢○7歳の旭東教会でありますから、さすがに、疲れなんてこれっぽっちもはありません、ということはなかったのです。

 

疲労の色はさすがに隠せず、という状態でありました。

 

**************

 

しかーし。

 

健さんと直子さん、そして、美樹さんとわたくしの4名。

 

いつしかその疲れを忘れて、この日のブログの下にありますミニ写真館のTOPの写真(これだけ特訓の時の写真です!)にありますように、笑顔を取り戻し、気分壮快となっていたのです。

 

ということで、その特訓とは。

 

そうです。タイトルにもありますが、《たこ焼き》であります!

 

**************

 

わたくし、新潟県のとある教会が開拓伝道をし、いつしか礼拝出席40名を超えるようになって、子どもたちと共に成長する教会をさらに深めていこう、としている様子を伝え聞いていた頃がございました。

 

その時にしばしば耳にしていたのが、たこ焼きパーティー!だったのです。

 

いつか、いつか、いつかきっと我が旭東教会でもたこ焼きを、という悲願を達成すべく(いえいえ決してふざけた気持ちはございません)、時が満ちる日を待ち続けていたのです(かなり過剰な表現ですが)。

 

**************

 

やって来ました、ジュニアサークル・サタデーのたこ焼きパーティー。もちろん、礼拝もたのしく守りましたよ。その証拠写真も下におさめております。

 

それはさておき、前日夜から、旭東教会特製の仕込みをいたしまして、朝がくるのを待ったのであります。

 

果たして旭東教会特製ってなーに?

 

おそらくこんなに上等な出汁をつかってたこ焼きの粉をまざて作るたこ焼きは存在しないのでは、と言うほど上等の《利尻昆布のだし》を丁寧にとって惜しみなくお粉さんをまぜまぜしたのでした。

 

わたくしの前任地稚内は利尻昆布の名産地。のみならず、教会をあげて、利尻昆布バザーに取り組んで来た本場です。

 

**************

 

電気で役なんて生ぬるい。

 

というわけで、この道何十年かは存じませんが、ガスコンロの老舗イワタニさんの伝統ある器具を準備。

 

アチアチに熱せられたたこ焼き器に、彼らは容赦なく注入されたのでした。

 

ご覧下さいこのたこ焼きの美味しそうなこと。

 

たこ焼きを焼いていて面白く無さそうにしている人を見つけたら、ここに連れてこーい!と申し上げたくなるほど、みんなでたのしく熱中です。

 

**************

 

セコいことは申しあげたくありませんが、たこ焼きも今ではお高いものになってきたと伝え聞いております。

 

少なくともコインが一枚必要。もちろんアルミのコインではございません。銅貨でもない。シルバーは正解。

 

そう、小さめではなく、だいぶ大きめのコイン。そう、500円のたこ焼きなんていうのは、決して珍しくないご時世です。

わたしが子どもの頃のお祭りで、ひと串10円だった、レトロ昭和の40年頃とはわけが違うのであります。

 

**************

 

傍観者でいたり冷静で居続けることは、たこ焼きパーティーでは絶対にできない。それを確信する一時間でした。

 

礼拝もそうであるべきだ、と誰かが言ったような気もいたします。

 

とにかく、まずはたこ焼きでこころなごみ、同じ釜の飯を食うのではなく、同じ鉄板のたこ焼きを食う、旭東教会ジュニアサークル!

 

おそらくこれは、根強い人気を獲得し、定番になりそうな気配濃厚と感じております。もちろん、流しそうめんとか、お好み焼きや、何でも鍋なんて楽しそうですが。

 

**************

 

情報が届いています。

 

この朝開眼してしまった、み言葉こそわが道のひかりと深く強く信じております健さんと直子さん、安佐子さん、そして、美樹さんとわたくし5名は、これに飽き足らず、明日、6月7日(日)の礼拝後にも、たこ焼きを敢行いたします。

と言うわけで、子どもたちも大喜びのたこ焼きパーティーでした。

 

もとい。子どもも大人も大喜びのたこ焼きパーティーでした。

 

ちなみに、たこ焼きと言えども、魚介類が苦手なお子さんもおりましたので、中に入れたものは、あれやこれやもございました。明日も準備いたします、あれこれを。

 

お写真、clickして頂ければどんな具が入っているか、お分かり頂けると思います。

 

**************

 

えーっと、忘れないように肝心のご案内。

 

明日の礼拝はもちろんいつも通り、午前10時15分からです。

 

説教はなぜか『おいしい食卓へどうぞ』。何か怪しい。いや偶然の一致。いやいや、クリスチャンには偶然という言葉はないはずです。

 

神さまのお導きにより、ルカによる福音書14章15節以下のみ言葉によって神さまからのマナを頂きます。もちろん、たこ焼きを礼拝後にみんなでやりまーす!end

 

※下の写真はクリックをお勧めします。