2015年4月27日(月)NO.6 『  はずかしい話ができる教会  』

報告時にご挨拶を下さっている美紀子さんです。北海道は札幌市から来会。ほか4名の方たちを代表してご挨拶の場面です。三浦綾子さんの読書会を日本各地で深めているお働きの縁の下の力持ちのお一人だとおもいます。
報告時にご挨拶を下さっている美紀子さんです。北海道は札幌市から来会。ほか4名の方たちを代表してご挨拶の場面です。三浦綾子さんの読書会を日本各地で深めているお働きの縁の下の力持ちのお一人だとおもいます。

われら旭東教会。

 

昨日の日曜日は、〈晴れの国・岡山〉らしい、お日様に包まれたお天気のもと、おだやかーに時を刻んで行きました。

 

遠く、北海道の「札幌」と「旭川」からそれぞれ二名ずつ、さらに、少し前まで旭川でお暮らしだった女性一名、合計五名のお客さまを迎えての礼拝を捧げました。

 

わたくし(牧師のもりでございます)たち夫婦が北海道は稚内に居りました時に、出会いを与えられた方々です。

びっくりしました。

 

**************

 

写真でピンマイクをもって挨拶して居られるのは、わたくしが数年前、余りに立派な〈大地主〉として札幌市内の専門医の元に入院なんぞいたしました折りにも駆けつけてくださった、美紀子さんです。

 

札幌市内の(日本キリスト教団ではない)とある教会の中心メンバーですが、稚内教会で奉仕をしておりました時に、聖徒の日のご遺族として来会されたことが切っ掛けで、親しいお交わりを頂いておりました。

 

この度は、旭川が生んだ、いえいえ、日本が生んだキリスト教文学者である故・三浦綾子さんのご本の読書会の関連で岡山入り。

 

日曜日の礼拝をご一緒して下さいました。

 

**************

 

今回のブログのタイトルは、ここに登場された女性方と直接は関係していません。

 

でも、無関係でもないかも知れません。

 

読書会のご一行を、倉敷・大原美術館に向けて送りだした後のことです。

 

この日、女性陣はひろーくて明るいお部屋で「ハンナの会」を行いました。

 

一方の男性陣。昔ながらの呼び方が渋い「壮年会」ですが、奥まった所にある、こころ落ち着くお部屋で(暗いということですが)会を持ちました。

 

わたくし、こちらに参加であります。

 

**************

 

創刊以来51年目を迎え、最近、充実ぶりいちじるしいとも言われる『信徒の友』の〈イースター・復活〉特集号をきっかけに語り合い、分かち合おう、という時間を正味一時間もったのです。

 

初めての参加のT房兄とわたしも居りまして、歓迎ムードに満ちた時間でした。

 

そこに身を置かせて頂いて、よかったなぁ、これこそ教会だなぁと感じたことがありました。

 

それは、クリスチャンだからこその分かち合いかなぁとも思う幾つかの場面があったからです。

 

**************

 

どなたの、どの言葉、というわけではありません。

 

が、ごくごく自然に、「なんだか恥ずかしいなぁ」と自らが感じている。

 

そういうことを、お話しすることができていた交わりがあり、それを一同静かに聴かせて頂くことが出来る空間があった。

 

わたくし、そこに、ジンワリとした感動を覚えたのです。

 

それこそが、復活をたいせつな福音として生きる鍵なのかも知れない、と感じた次第です。

 

**************

 

振り返ってみれば、朝の礼拝メッセージの中で、牧師であるわたくしも、見方によっては負の部分・己の恥ずかしい部分を言葉にしていたことを今思い出しました。

 

もしかすると、これは偶然ではなく、そこら辺りのことも見えない導線となって、4月の定例の旭東教会壮年会が、いいよなぁ、こういうおっさんたち(勿論、私も含まれます)と確信出来たのだと思うのです。

 

**************

 

教会っていいなぁ、クリスチャンっていいな。だって、恥ずかしいなぁ、と思うことをお話できるんですもの。

 

次の壮年会が、たのしみになるような会をもてて、こころから感謝であります。

 

どうぞ、いつか旭東教会へお出かけくださいませ。こころより歓迎いたします。

 

あっ、「ハンナの会」という包容力に充ち満ちた女性の会もの方も、ほーんわか、あったかな時間がもたれていたと伝わって来ておりますので忘れずにご報告しておきます。ふーっ。あぶなかったですね。end

 


2015年4月20日(月)NO.5 『 来たれ筍を求める者よ! 』

立派な筍たち。十文字平和教会からご夫妻で届けてくださいました。感謝でーす\(^_^)/
立派な筍たち。十文字平和教会からご夫妻で届けてくださいました。感謝でーす\(^_^)/

わたしたち旭東教会。


日本キリスト教団の東中国教区、岡山県東部地区の一員です。


岡山に暮らし始めてまだ3週間、わたくし牧師のもりでございますが、まだ、仲間の教会へおじゃましたことがありません。


正確には、先週、ある歓迎会に参加のため、岡山県北部地区の倉敷教会には出掛けたのですが、東部地区の教会には出掛けていません。


その中に、岡山市北区日近954に立つ〈十文字平和教会〉があります。牧師はこの4月より岡山博愛会教会の濱田美也子先生が代務者としてご奉仕されています。


**************


さてさて、今朝、旭東教会の電話が鳴りました。


【十文字平和教会の信徒〈溝〇〉でございます。今、主人が筍(たけのこ)を掘りに出掛けていますが、10時半頃、旭東教会に筍を届けにおじゃましたいと思います。お留守でなければ・・・・】という嬉しいお知らせ。


昨日、教会員の季具枝さんより、【近く、筍が届きますから】とは聞いていましたが、今朝届くとは予想していませんでした。


大慌てで、歓迎の特選挽き立てコーヒーを煎れる段取りを始めたのでした。


**************


さてさて、写真の説明でございます。


左端に居られるのが電話を下さった十文字平和教会の〈溝〇姉〉、真ん中は、わが旭東教会がほこる季具枝姉。そして、お連れ合いの〈溝〇兄〉です。


左手前より、何やら手が差し伸べられている様子も見えると思います。こちら森牧師のお連れ合い美樹さんが、慌てて写真撮影のために段ボール二箱に満載の筍を飾っているところ、というわけです。


堅苦しい記念撮影版もありましたが、みなさんが油断していたこの時の一枚が一番自然でした。


**************


岡山県東部地区で共にあゆむ十文字平和教会と旭東教会。


親しいお交わりの歴史があるのですが(と聞いています)、このような、旬のおいしいものを通じてのお交わりを頂けることは、やはりとても幸せなこと。


〈溝〇姉〉。有り難いことに、糠(ぬか)も持参して下さっていて、たけのこ初心者の美樹さんに、筍を食べるための手ほどきをさっそく台所でして下さいました。


夕刻、無事にゆであがり、後は食べるばかりになった筍をもって、近くにお住まいの幾人かの信徒さんたちの玄関先を牧師が訪問。


お裾分けをいたしました。


**************


それにしても、またもや、恥ずかしながらのご報告がございます。


これまで、筍食べますか?と言って届けて下さる方が、わが人生の中に幾人も居られました。


が、その中で、自ら筍の皮をむいてゆであげて下さった方たちのご苦労について、おもんぱかることができませんでした。


筍修行。


こういう世界があることを知りました(笑)。


筍さんを美味しく頂くためには、時間も必要ですし、食べない部分として棄てざるを得ないたくさんの部位もある。つまりゴミもでる。


さらに、茹でるには大きな鍋も多少の忍耐も必要なのでありました。


**************


それにしても旬の食べ物を美味しく頂けることは、なんと幸せなことでしょうか。


溝〇さんご夫妻。車で1時間以上かけてお出かけ下さって、本当にありがとうございました!今後とも親しいお交わりをよろしくお願い申し上げます。


あとは食べるばかりの状態の筍さんたち。


旭東教会の冷蔵庫にて皆さんのお越しをお待ちしています。柔らかくて、風味が感じられて、美味しいですよ!


今ならどーんとプレゼント出来るかも知れません。


来たれ、筍を求める人よ!end



2015年4月19日(日)NO.4 『 《絵手紙》を描くこころ 』

教会員の和義さんとF子さんのお宅の居間にある素敵な作品。ユーモアたっぷり、そして、ふかーく考えさせられるお言葉。絵も岡山らしさに満ちていて嬉しくなります(^^♪
教会員の和義さんとF子さんのお宅の居間にある素敵な作品。ユーモアたっぷり、そして、ふかーく考えさせられるお言葉。絵も岡山らしさに満ちていて嬉しくなります(^^♪

 

わたしたち旭東教会では19日の日曜日の礼拝のあと、定期教会総会が開催され、更にその後には新しく選任された役員さんたちによるちいさな会議も行われました。

 

しかーし。

 

それだけで夕暮れを迎えるのはもったいない、と言うことで、この日は、教会から車でほぼ真っ直ぐの方向に15分程のところにお住まいの和義さんとF子さんご夫妻をお訪ねする時間をもちました。午後4時半過ぎのことです。

 

一週間前に、F子さんが退院されたというお知らせをお聞きして、お目にかかりたいと思っている方たちと一緒にお訪ねしようということになった次第です。

 

**************

 

牧師夫妻と共に和義さん・F子さんのお宅に向かったのは、90歳を越えて旭東教会を元気に支えて下さっている〈正兄〉と〈〇田姉〉のお二人。

 

温暖な岡山の地だからお元気なのでしょうか。

 

オーバー90のお二人とご一緒できることは大きな恵みです。

 

教会の方たちのお誕生カードを絵筆を手にして長年描いて下さる和義さんとF子さんの居間の壁には、全国各地からの絵手紙(「絵手紙」は何と商標だと今知りました)がたーーくさん貼られていて賑やかです。

 

**************

 

わたくし(牧師のもりでございます)、旭東教会に赴任前には、日本最北の町、北海道の稚内市に居りました。

 

和義さん、その稚内のことを心に掛けてくださっていて、稚内在住の絵手紙の友だちからのカードを、さっそく差し出してくださいました。

 

フムフム、と見せて頂いた絵。

 

それがこの日記・ブログの下の方にある和義さんとF子さんが、それぞれに同じ方から頂いた美しい絵手紙です。

 

**************

 

暫くして、念のためにわたくし名前をみてみました。

 

するとそこには、《 〇川章子 》とありました。

 

章子さんは存じません。

 

でも、〇川さんは何か気になるなぁと思いまして、念のために、わたしの知っている稚内の〇川さんの住所を携帯電話にある住所録で確認後に、絵手紙の住所をみると。

 

・・・・、な、な、なんと。

 

稚内北星学園大学でご一緒していた〇川先生の住所ではありませんか。

 

さっそく〇川先生の携帯に電話。

 

「〇川先生、もりでございます。かくかくしかじかでございまして、今、電話をした次第です」とご挨拶。

 

**************

 

これって偶然なのでしょうか。

 

不思議ですよねぇ。

 

というか、ノンクリスチャンの〇川先生にはこう申し上げました。

 

「わたしたちキリスト教の世界では、こういうのを、神さまのお導きと申しております」と。

 

**************

 

絵手紙の他にも、お部屋の中に飾られていた大判の美しい絵をカメラにおさめてまいりました。

 

それが、今号のトップを飾っている絵です。

 

そこにはこんな言葉が添えられています。写真でも読めますね。

 

**************

 

ある病院で 主治医はこう言った。


平気年齢まで生きられた良しとする。
医学も日新月歩と言われるが
病人の希望どうりの治ゆはむつかしい。


平均年齢まで後五年
今からおいしい物食べなきやあ そんそん!

 

**************

 

自然の力はすごい


草ぼうぼう畑に ひょうたんかぼちゃが ごろごろ
教室の教材に持って行くと F子さん

上手に作ったのネ
と言われた

 

とんでもない
いつの間にか生えて いつの間にか
育ったのよハッハッハ

 

**************

 

日曜日の夜。

 

ひとりパソコンにて写真を眺めていて、あれやこれやのことを、本当にしみじみ、そして、深く思いめぐらしました。

 

**************

 

最新作は、

 

花もいいけど だんごもいい

 

という、今週の3枚に挙げた絵手紙です。追加で下にも入れました。

 

何と素晴らしいばつぐんの説得力の絵なのでしょう。

 

感動いたしました!

 

**************

 

訪問した一行4名。

 

それぞれに、やさしく穏やかな心でお布団に入りました(想像です)。

 

神さま、ありがとうございます。

 

和義さんF子さん、ありがとうございました。end

※下の写真は、ぜーひ、CLICKを!お勧めします。



2015年4月12日(日)NO.3 『 クラリネットの音色のひみつ! 』

クラリネットを奏でてくださった輝美さん。旭東教会育ちのわが教会の宝です。とは言え、ドイツ在住ですが。お母さまもこのとき居られましたから、何ともすばらしい親孝行のひとときでもありました。ありがとうございました!またの里帰りをこころよりお待ちしています。
クラリネットを奏でてくださった輝美さん。旭東教会育ちのわが教会の宝です。とは言え、ドイツ在住ですが。お母さまもこのとき居られましたから、何ともすばらしい親孝行のひとときでもありました。ありがとうございました!またの里帰りをこころよりお待ちしています。

ドイツから4年振りに日本に戻られた輝美さんのクラリネットによる賛美の場面です。

 

青年時代からのおともだち〇さんのオルガン演奏との息もぴったり合っていて、いやー、すばらしい時間でした。

 

恥ずかしながらわたくし(牧師のもりでございます)、クラリネットの音色をじっくり聴かせて頂いたのは、はじめてだったかも知れないのです。

 

そんなことに先ほど気がつきました。

 

**************

 

クラリネット。

 

何とあたたかな音色の楽器なのでしょう。

 

確かに、PC備え付けの国語辞典を引くとこうあります。

 

【クラリネット・clarinet 】円筒形の木管楽器。1枚のリードを用いて鳴らす。音域は広く、表現力が豊か。1700年頃ドイツで創製 *広辞苑より

 

恥ずかしいなぁ。

 

クラリネットって木管楽器なのですね。

 

**************

 

そういえば、クラリネットのことが歌われている懐かしい曲もありました。

 

ぼくの大すきなクラリネット パパからもらった クラリネット
とっても大事に してたのに こわれて出ない 音がある
どうしよう どうしよう

オ パキャマラド パキャマラド パオパオ パンパンパン
オ パキャマラド パキャマラド パオパオパ

 

**************

 

この日はまず「アメイジンググレイス」がまず捧げられました。

 

大きな拍手を受けて、あっけないほどすーっと席に戻ろうとされたため、わたしたちアンコールの拍手。

 

練習はしていなかったそうですが「キリストにはかえられません」を捧げてくださいました。

 

その際、賛美歌の歌詞を少しだけ紹介されたのです。

 

キリストにはかえられません
世の宝もまた富も、
このおかたがわたしに 代わって死んだゆえです

 

と。

 

**************

 

この小さな紹介で、曲の重みがうーんと増したなぁと感じました。

 

復活節第2主日の礼拝。このような恵みにあずかり、出席していた一同、本当にこころやさしい思いで、家路につくことが出来ました。

 

おっとぅ、たいせつなことを忘れていました。

 

音色のあたたかさや優しさと澄みわたるような響き。

 

やはり、これは、演奏者のお人柄、そして、信仰によるものですね。

 

と同時に、神さまが愛してくださる旭東教会ならではの歴史ある会堂、そして、人生の喜びも悲しみも抱えてやって来ている聴衆の存在そのものとの響き合いだったことをご報告して、今週の教会日記、閉じさせて頂きます。

 

皆さまのご来会もこころよりお待ち致しております。end

 


2015年4月5日(日)NO.2 『  旭東教会 出発進行! 』

2015年4月5日(日)は復活祭の愛餐会と同時に、森牧師夫妻の歓迎愛餐会でした。ばらずしのみならず、お吸い物、煮豆、お浸し等々、おなかも心も満腹になる愛餐会でした。ご奉仕下さった皆さま、ありがとうございました!そして、ブログをご覧になっているお近くのみなさん、ぜひ、おいしい食卓の旭東教会へお出でください(^^♪
2015年4月5日(日)は復活祭の愛餐会と同時に、森牧師夫妻の歓迎愛餐会でした。ばらずしのみならず、お吸い物、煮豆、お浸し等々、おなかも心も満腹になる愛餐会でした。ご奉仕下さった皆さま、ありがとうございました!そして、ブログをご覧になっているお近くのみなさん、ぜひ、おいしい食卓の旭東教会へお出でください(^^♪

昨日、4月5日(日)はイースター・復活祭。

 

旭東教会はもちろんのこと、日本中、世界中のキリスト教会が、イエス・キリストの後復活をお祝いする復活祭の礼拝をささげました。

 

旭東教会は、神さまが召し出された森言一郎牧師と美樹さんを迎えて(すみません、このブログの書き手はもりでございますので何かヘンですが)、新しい歩みを始めました。

 

 

礼拝では森牧師による旭東教会での初めての説教「なぜ 泣いているのか」が語られたのち、美樹さんの転入会も行われました。

 

「地よ声たかく」の賛美が、1923年(大正12年)3月11日献堂の天上のすばらしく高い礼拝堂に響き渡った日曜日でした。

 

**************

 

礼拝も終わり、森牧師ご夫妻の歓迎会の時となりましたが、愛餐会の食卓に置かれたのもの。

 

それが、当地、岡山ならではの「ばらずし」です。

 

他の地域では「ちらし寿司」ということもあるかも知れませんが、ここ岡山では、ぜったいに「ばらずし」であります。

 

そして、ばらずしの上にそっと添えられているのが、「ままかり(飯借り)」です。『広辞苑』によれば、【瀬戸内海沿岸で、海魚サッパのこと】と記されています。

 

うーん、やっぱりおいしい。うまい!

 

「ままかり」のみならず、お手製の「煮穴子」ほか、前日から、ご婦人方が準備万端整えて、愛餐会が豊かにもたれました。

 

**************

 

「歓迎のことばを、ひとり1分でどうぞ」の言葉と共に、「今、市議会議員選挙が行われていますが、みなさんのお名前の連呼も、森先生によく聞こえるように、お願いいたしまーす」という司会者からのお願いもありました。

 

このホームページのトップページで、一人のご婦人がマイクを持ってお話しになっている様子が、『旭東教会 今週の3枚』のなかの一枚として紹介されています、こんな感じで、思い思いの歓迎の言葉をみなさんあたたかくお話されていました。

 

牧師は数人が歓迎の言葉を語られたところで、「教会に来るのに何分位かかるか、それも教えてくださーい」とお願いした次第です。

 

森牧師の右横には、既に90歳を越えられた、第14代牧師の〈脇本寿牧師(1959-1991)〉先生があたたかなまなざしでお座りになっていたことも、本当に感謝なことでした。


**************


愛餐会後、JC(ジュニアサークル)のリーダー会が終わってからは、会員とその関係者が居られる近郊の病院のところへ、92歳の長老正兄にご案内頂きました。


イースターエッグをお届けできました。


それぞれにとても喜んでくださっている様子が伝わって来ました。


いずれの方も、言葉を明確に発することはムツカシイのですが、目を開いたり、手に力を入れてくださったり、起き上がってくださったり・・・。


感謝でした。

 

**************

 

指方信平牧師と愛子牧師、そして、3人の可愛いらしい坊ちゃんたちを札幌北光教会に送りだした旭東教会。

 

こうして、新しい出発とあいなりました。

 

以下、2015年度最初の『週報』の表紙のコラム「窓」欄に記した、牧師からのメッセージをcopyして今号を締めくくります。

 

**************

 

『 どうぞよろしく 』


日本最北の町、北海道・稚内。3月24日(火)の朝は猛烈な地吹雪。引越車両が到着出来ないのではと大慌てで除雪。午後、妻の美樹さんとJR宗谷本線サロベツ号で旭川に移動。

 

翌日、空路で羽田へ。東京に宿を取りながら神学校の恩師ご夫妻を奥多摩に訪ねたり、かつて伝道牧会した新潟県上越市と妙高市へ開通間もない北陸新幹線で日帰り旅行。

 

29日(日)夜、新幹線で岡山入り。30日(月)朝、JR西大寺駅に降り立ち旭東教会へ。最後の段ボールを開き終えたのは2日(木)の午後のことでした。

 

受難週早天祈祷会で「この時間にこうしているのは普通のことですか」と質問。「…命がけです」「いつもは寝てます」の声に一同爆笑。安心しました。

 

稚内から約2千㌔を経て始まりました。皆さんと主イエスに従う旅路。(もり)

 


2015年4月4日(土)NO.1 『  ひとあし先に 子どもたちとイースター 』*ミニ写真館付です

4月4日(土)の朝、旭東教会ではジュニアサークルでイースター礼拝を守りました。イースターエッグ探しを楽しんでいる時の一枚。
4月4日(土)の朝、旭東教会ではジュニアサークルでイースター礼拝を守りました。イースターエッグ探しを楽しんでいる時の一枚。

みなさーん、こんにちは!

 

旭東教会の教会日記をきょうからこのページでお届けすることになりました。

 

書き手は、今のところ、わたくし牧師のもりでございます。

 

2015年4月より、旭東教会に赴任いたしました。どうぞよろしくお願いします。

 

*******

 

さてさて、旭東教会教会日記の記念すべきトップページを飾りますのは、JC(ジュニアサークル)サタデーのイースターの祝いのときの一枚です。

 

他にも、この日の様子は、この日記の下の方に、ミニ写真館としてご覧いただけるようにいたしますので、ぜひ、clickして見て下さいね。

 

*******

 

この日のJCのさいごに、わたくし、子どもたちに一つのミッションを伝えました。

 

お孫さんを連れて来て下さった方の言葉によると、家に帰ってから、ミッションを果たすべく、ひとりの女の子、さっそく行動に移った、と翌日伝わってきました。

 

そのミッションとは・・・・

 

「次のJCの時に、おともだちを一人、つれてくるように頑張ろう!」

 

でありました。

 

*******

 

わたくし、子どもたちに伝えたその日の夜、静かに思っておりました。

 

「おともだちを一人・・・」というのは、何も、子どもたちだけのミッションではないよなぁ、と。

 

そう、イエスさまは、旭東教会のみーんなにそのことを託してくおられるのですよねぇ。

 

*******

 

ということで、記念すべき、新装開店のホームページ、このような形での公開とあいなりました。すえながーく、みなさま、どうぞよろしくお願い申し上げます。またのお越しをお待ちしています。end

 

※以下、ミニ写真館は、クリックすると、楽しさが3倍くらいになると思います(*^^)/